育毛シャンプーで髪は生えるのか?

スポンサーリンク





基本 CMYK

育毛シャンプーで髪が増えるのは嘘?

最近 育毛シャンプーなるものが出回っていて、CMやネット広告の影響で育毛シャンプーを使えば髪がフサフサと生えると勘違いされている方が多いので、今回は育毛シャンプーの役割についてお話します!

 

もしシャンプーだけで髪がフサフサ元気に生えると謳っている広告があればそれは嘘になります。

 

そして薄毛や抜け毛で悩む人からすると藁でもつかむ心境でシャンプーを買い、毎日髪が増えたかチェックし数か月経って、変わりない頭皮に気づき、また違う商品に手を出すというケースが多いです。

 

真の育毛シャンプーの目的は、頭皮を清潔にし、血流を良くし、頭皮の新陳代謝を促すのが目的です。

 

 

育毛シャンプーを使えば髪が生えるというイメージが先行していますが、もし貴方がお使いのシャンプーの成分などが分かれば私にメール下さい。配合順番からしてどのような目的のシャンプーなのかを解析する事ができます。

 

髪のプロである理容師が認める育毛シャンプーの役目は

 

フケや頭皮の老化、炎症などを防ぐために血流とリンパ液の改善、新陳代謝を良くする事で頭皮環境を良くすのが本来の育毛シャンプーの目的なので、石油系の頭皮に負担をかける洗浄剤ではなく、天然の成分でマイルドに洗い上げるのが望ましいのです。

 

またシャンプーで「ハリ・コシ」がでますと謳う商品も多く存在しますが、これも実は当たり前の現象なのです。

 

ハリ・コシがでると言われると髪が元気になり、太くなるような印象が生まれますが、シャンプー前は一日の汚れや脂が付着し、髪が寝ている状態になります。そこへシャンプーすれば、髪から汚れや脂が取れます。

 

本当はどんなシャンプーを使っても、髪が軽くなりフワッとした感じを、ハリやコシがでたと錯覚します。

 

言葉のトリックなのです。

 

そんな中お勧めの頭皮系シャンプーを乾燥肌、脂性肌、ノーマル肌で分類してお伝えします。その前に育毛シャンプーの効果を高める方法をお伝えしますね。

 

 

育毛シャンプーの目的、髪と頭皮の汚れを落としキレイにする。そして頭皮のケアが大切だという事に気づき、ただ汚れを落とすだけじゃ、健康な髪は増えないよね?もっと頭皮に良いシャンプーの仕方はないの?と消費者の皆様がより良いスカルプシャンプーを探されています。

 

本当に良い育毛シャンプーってありますか?

 

私も10年前に経験しましたが髪が弱々しくなってしまった時期があり
不健康になる原因には頭皮のストレスが不健康な頭皮になると知りました。ですがなんちゃって育毛シャンプーであまり頭皮をゴシゴシしちゃうと、シャンプーの中に含まれる石油系の界面活性剤が、頭皮に負担を与えます

今にも抜けてしまいそうな弱い髪の毛

↓ ↓ ↓

img_4201.jpg

育毛シャンプーとうたっていても、安物の成分だと頭皮環境の悪化、フケ・痒みでさらに抜け毛が増えてしまうのです。

↓ ↓ ↓

img_4200.jpg

角質がたまり髪の成長を弱めている頭皮

高価な育毛シャンプーを使っていても、地肌を洗えてないと下の写真のように汚れが詰まってしまい、髪の成長を止めてしまうのです。

↓ ↓ ↓

img_4199.jpg

効果のでる育毛シャンプーの仕方

抜け毛や薄毛がきになる人は、男性、女性とわずスカルプシャンプーを使う事が大事です。
通常のシャンプーは泡立つ洗浄成分や髪の滑りがでるような、工夫からシャンプーの成分は頭皮に良いものばかりではありません。

スカルプシャンプーや育毛シャンプーにも色々と種類がありますし
中には石油系の界面活性剤でつくられた、かなり洗浄力の強い成分のシャンプーもあります。
本当に頭皮に大丈夫?と心配になるものまであります。

大切な事は今の頭皮にあった育毛シャンプーを選ぶ事と、シャンプーの使い方が大事ですね*\(^o^)/*
スカルプシャンプーなどは少し高めのものが多いですし、実際に頭皮に良いエキスをたくさん入れると
価格もそれなりに高くなります。

でもその高価なシャンプーを効果のあるようにシャンプーしなければ意味がありません
( ;´Д`)

そこで、私が育毛シャンプーを100%効果的にする方法を伝えしますね!

上の写真のように、しっかりと泡立てて、地肌に泡がつく状態にする事で育毛シャンプーの効果が高まります。

 

シャンプーをしっかりと泡立てる目的は
頭皮の汚れを十分に浮かす事ができる
に育毛シャンプー含まれた頭皮に良いエキスが浸透する
シャンプー中にゴシゴシしても髪を傷めない、滑りが悪いと頭皮だけでなく、髪にも負担を与えてしまう

十分に育毛シャンプーの泡を泡立てる事で、髪への負担、頭皮への負担をおさえながら

本来の

頭皮の汚れ、髪の汚れを十分にとって
スカルプシャンプーの頭皮への効果があるエキスが浸透するのです。

 

育毛シャンプーを泡だ立たせる方法

 

もう皆さん、何年もシャンプーをしてきて
「今更、泡立たせる方法なんて聞きたかねーよ。」と思われるかもしれません。
簡単な事ですが、本当に大事ですし、高い育毛シャンプーを使われるのですから
100%効果を高める方法を知っておいて下さい。

 

泡がモコモコになる時と、泡がすぐに消えていくような時ってありませんか?
その違いがわかりますか?

 

シャンプーを泡立たせるには条件があります。

それは・・・

1、水分量

2、シャンプー剤

3、空気

 

この3っつの要素がバランスよく混ざり合った時に初めて、最高の泡立ちへとつながるのです。

 

泡立ちが悪かったり、シャンプー中に泡が消えていくのは、3っつの要素のどれかが欠けていたり、逆に多すぎてバランスが崩れているのです。

 

育毛シャンプーの効果的な洗い方として、先ずは泡だ立たせ方を解説していきますね。

⒈ 予洗い(シャンプーの前にお湯でしっかりとゆすぐ)

シャワーでお湯をサーっと流すだけの方が多くないですか?

予洗いは髪に水分を含ませて、髪の中に水が浸透させるだけではありません。髪と頭皮の汚れを浮かすために

最低でも60秒は指で頭皮をかきながら、流してほしいのです

 

60秒って結構ながいですよー( ^ ^ )/□
一度数えながら、予洗い60秒おこなってみてください。予洗いで汚れの70%は落とす事ができると言われており

 

次のシャンプーで効率よく汚れを落とす大事な下準備なのです。

 

ただし、ワックスなどのスタイリング剤を付けている時は、髪が絡まりやすく、引っかかる時があるので
そんな時は、髪ではなく、頭皮に指がつくように髪をよけながら、指の腹で頭皮をかくイメージで
予洗いしてくださいね。

 

では次にシャンプーの量と空気についてです。髪の量に合わせてシャンプーの量を変える必要があります。

まず手の平にシャンプーをだして、手のひら全体に伸ばします。この状態で泡立たせる必要はありません。

そのシャンプーを髪の毛全体にまんべんなく付けていき、特に髪が長いところでクシュクシュしていきます

クシュクシュする時に手を写真のように丸めて泡だ立たせると空気が入って、泡立ちが強くなっていきます。

決して指や手のひらをまっすぐにして、泡立たせようとしては、シャンプーの泡立ちに大切な

空気が混ざり合わなくて、最高の泡立ちへとならないのです。

この泡立たせかたについて、髪の短い人と、長い人とでは
少し違ってきますので、動画で詳しく解説してみましたので、是非ご覧ください!

 

メンズの短い髪の泡立て方はこちらを参考にしてください

短い髪のシャンプーでもしっかりと泡立てる為に手の平にだしたシャンプーをしっかりと手に伸ばして
髪の毛全体(表面につける感じ)につける事で泡が地肌にしっかりとついてくれます。

一部分だけで泡立てると泡が地肌につきません。そしてすぐにカイチャだめですよ!
せっかちな方や男性の多くがシャンプーを髪につけてすぐにかこうとしがちなんですが、
全体に十分に泡をつけてからシャンプーをかいていくのですよ!

それと!

とっても大事な育毛シャンプーの効果を高める方法なんですが
第一線


第二線


第三線

と順番にシャンプーして下さい♪( ´θ`)ノ
短い髪の毛でも、気をつけることがいっぱいでしょう?
でも慣れてきたら、とってもシャンプーが気持ちよくなってきますからね。

スカルプシャンプーは頭皮に泡がたくさんつく事で、その効果が発揮されて、とても頭皮の調子が良くなってきますからね〜

そしてシャンプー中も泡立ちが悪くなったら
すぐに泡立て直して、またシャンプーするという具合に
常に泡が地肌につくようにお願いします。

 

こちらを参考にして下さいね

髪が長い人向けに育毛シャンプーの効果を高める方法です。

手にとってシャンプーをしっかり手のひらに伸ばすのは、髪が短い人向けのシャンプーの仕方と同じですね。

さあ!そのシャンプー剤をどこからつけますか?

このつける場所によって髪の長い人でもかなり泡立たせる事ができるのですよ。
正解は・・・

髪の長い人がシャンプーする時に、一番さきにつけるのが
なんと!

毛先です。髪の根元にいきなりつけちゃダメなんですよ!毛先でクチャクチャと揉み込んでいきます。
少しづつ泡立ってきますからその泡を今度は

髪の上にもっていきます。そして頭のてっぺんで毛先をもってきてクシュクシュと泡立たせるために指を交差させていきます。

 

動画だと、少しクシュクシュと強い音がなっていますが
そこまで強くしなくても十分に泡立ちますからね!

では詳しくはこちらの、髪の長い人を十分に泡立てる方法を参考にして下さい

 

正しい育毛シャンプーの仕方とは?

しっかりと泡立てて、小刻みにシャンプーする

シャンプーの泡立ちはでるようになりましたか?それでは育毛効果の高いシャンプーをマスターして、元気な頭皮にしていきましょう

頭皮にNGなシャンプー方法
● 爪を立ててシャンプーする
● 頭皮を強くこするようなシャンプー
● 大きく指や手を動かすシャンプー
● てっぺんをかいたり、耳上をかいたりと、アッチコッチにとんでいるようなシャンプー方法

 

爪を立ててシャンプーすると、頭皮に傷がついてしまい、そこからバイキン等が繁殖すると抜け毛が増えてしまいます。

またまた頭皮を強くこするようなシャンプーをすると
頭皮の表面がこすれてしまい、良くありませんし、大きく指を動かしながらシャカシャカとシャンプーするのは
一見気持ちよく感じるかもしれませんが、
頭皮や髪にも大きな負担をかけてしまっているのです。

 

シャンプーをかく順番はあらかじめ決めておき、まんべんなくシャンプーする事がとても大事です。
アッチコッチと順番通りにしないシャンプーだと
泡が地肌につかないところなどがでてしまって

スポンサーリンク





一部分だけに角質や頭皮の汚れが溜まってしまう恐れがあります

 

頭皮を元気にするための成分などが含まれているのが
頭皮用のスカルプシャンプーや育毛シャンプーの特徴です

頭皮を健康にして、頭皮の血流やリンパの流れを良くするという観点でいうとこの動画のようにしっかりと泡立てて、地肌にシャンプーが到達するようにする事がとっても大事です

シャンプーをする時の指の動かし方は大き過ぎず、強すぎず、細かく細かくかいてください。
そしてシャンプー中も泡が地肌からのいてしまうので
また泡だてなおすといのも取り入れてください。

その正しいシャンプーの仕方を動画にしていますので
良かったら参考にしてくださいね♪

↓ ↓ ↓

女性用と男性用のシャンプーの違い

私たちのメンズサロンでお客様に「どんなシャンプーを使っていますか?」と聞くとやはり最近ではスカルプシャンプーを使っているとのご意見が増えて来ていますが

 

それでも、家で奥さんのシャンプーを使っているよ・・
という方もいてます。
理容師の立場からいいますと、あまりオススメしません

 

男性用と女性用の違いは、髪に対してサラッとさせるのか?頭皮や抜け毛予防に対応しているのか?
そういった違いがあります。

 

女性用のシャンプーの多くには、髪の長い女性の髪をサラサラさせたり、静電気を抑えたりする髪に対するものが多く含まれていて、短い髪の男性がそのシャンプーを使うと、何だかスタイリングしにくくなるな〜
髪のボリュームが減ったようにも感じるかもしれません。

 

そして男性型の脱毛や、抜け毛が増えている人には、やはりスカルプシャンプーや頭皮用のシャンプーを使って
抜け毛予防や、頭皮の環境を整える必要があります

育毛シャンプーの条件として
● 天然成分で構成する優しい成分である事
● 頭皮の血流やリンパの流れ、炎症をおさせる事
● 抜け毛の予防となる成分が含まれている事
● 泡立ちが良い事

 

なぜ、血流や地肌の健康が大事なのか?といいますと
髪が細くなってしまうのにはこのような事が
原因だからです

 

育毛シャンプーの効果

抜け毛の増える原因は

● 頭皮の血流不足

● ストレスによる自律神経の悪化

● 酸化による活性酸素の増殖

● 男性型の脱毛因子

● 毛穴に詰まった角質

髪の毛は全て血液から出来ています。
この血液をつくっているのが、食事から摂る栄養素です。
栄養素を末端の頭皮に行き届けるためには、頭皮を健康な状態にする必要があります。

加齢・男性ホルモン・血流不足・地肌のストレスからくる
頭皮の弱体化を活性化する事が大事

地肌は血流からの栄養分が毛根に伝わる最重要部分です。この地肌の健康を整える事が
貴方の大切な髪を救うのです。

 

毎日のストレスが薄毛を加速

%e3%82%bf%e3%82%99%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99

頭皮のストレスにより

● 紫外線により活性酸素が増加します!

● 老化が促進

● 活性酸素(ストレスが溜まると毒性の強い活性酸素が発生します)

● 酸化する事で頭皮の髪を生やす機能が低下します

 

日々、薄毛や抜け毛のリスクとたたかう頭皮にお勧めの頭皮用のシャンプーがこちらです。

 

 

 

貴方にあった育毛シャンプー剤を選ぶことが大事です

 

頭皮もお肌とおなじように、乾燥がちな人や、脂性や病的に脂分が多い脂漏性などもがあり、
乾燥しがちな人が脂性のシャンプー剤を使うともっと水分がなくなり
頭皮の痒みやフケの原因になったりします。

 

逆に脂性の人が乾燥肌用のマイルドシャンプー剤を選んでしまうと
1日の脂分が取りきれず、角質化し痒みや悪臭の原因になったりもします。

 

そこで、乾燥肌、脂性肌、抜け毛予防シャンプーそれぞれの頭皮にあったオススメのシャンプー剤をお伝えします!

抜け毛予防の育毛シャンプーでオススメは?

 チャップアップシャンプー

毛髪診断士と美容師が開発した一度は使って見て欲しい、頭皮系シャンプーです。

300ミリ 5260円

お得な2本セット 1本あたり4090円

公式HPはこちらです




頭皮に良いオーガニックエキスを10種類も配合したシャンプーで、ベタイン系のとても頭皮に優しいシャンプーです。

全成分
水、コカミドプロピルベタイン、ココイルグルタミン酸2Na、コカミドメチルMEA、トリイソステアリン酸PEG-120メチルグルコース、ラウロイルアスパラギン酸Na、セバシン酸ジエチル、グリセリン、メチルグルセス-20、ココイルトレオニンNa、ラウリン酸ポリグリセリル-10、ココイルグルタミン酸Na、PPG-3カプリリルエーテル、ポリクオタニウム-6、ポリクオタニウム-53、y-ドコサラクトン、サガラメエキス、BG、グルコシルルチン、グルコシルヘスペリジン、レモン果実水、フェノキシエタノール、ポリアミノプロピルビグアニド、クエン酸、セージ葉エキス、ローズマリー葉エキス、キュウリ果実エキス、タチジャコウソウ花/葉エキス、ラベンダー葉エキス、セイヨウサンザシ果実エキス、アルテア根エキス、カミツレ花エキス、ゴボウ根エキス、トウキンセンカ花エキス、グリチルリチン酸2K、ユキノシタエキス、マタタビ果実エキス、ウメ果実エキス、ドクダミエキス、サトザクラ花エキス、アスコルビン酸、リンゴ酸、香料

 

 男弾むシャンプー

天然の成分から出来ている極上のシャンプーです

300ミリ 4500円

頭皮のケアから育毛させるために、不必要なのものを取り除いたシャンプーですから
天然成分
ノンシリコン
合成ポリマーフリー
カオチン界面活性剤フリー
石油系界面活性剤フリー
合成香料フリー
合成着色料フリー
防腐剤フリー
鉱物油フリー
紫外線吸収剤フリー
合成保存料フリー
ラウレス硫酸Naフリー
ラウリル硫酸Naフリー

こういった成分を配合しておりません。

男弾むシャンプーの目的は

● ヒト正常線維芽細胞のUV-Aに対する抗ストレス活性
● 血流を高めて代謝を高める
● リンパの流れをスムーズにする
● 紫外線からの活性酸素をクリアにする
● 頭皮老化を活性化
● 加齢臭の除去
● 男性型の脱毛

こういった、抜け毛の原因となる、ストレス、頭皮の乱れ 、紫外線、加齢、男性型の脱毛
に対抗して、しっかり泡立てる事で泡に含まれたエキスが
頭皮や毛根にとっても良いのです。

こちらにも詳しく書いていますが

男弾むシャンプー

男弾むシャンプーでシャンプーすると、本当に気持ちよくって、他のシャンプーをもう使えない。
というようなご感想まであるのです。

 

そして『経皮吸収』と言われるように、頭皮からも様々な成分が吸収されている事を忘れないで下さい。シップやニコチンパッチが経皮吸収され血液にながされ全身に影響があるように、男弾むシャンプーのエキスが頭皮の血流を高めリンパの流れを良くし、髪に栄養がとどく土台(頭皮)をつくる事ができるのです。

 

それを安物のリスクが高い危険性分を使ったシャンプーなどで泡立てていると頭皮だけでなく、蓄積された人体からも病気や疲れの原因になるのですよ

 

乾燥肌用のオススメシャンプーは?

 男弾むシャンプー

洗浄成分は全て天然由来のものでつくられています
一番多く配合されている成分が、「グリセリン」なのです。この成分は保湿剤でシャンプー剤の中で一番多く含まれているというのは非常に珍しいのです。

必要最低限の洗浄力と最大の保湿力を併せ持った
頭皮系のシャンプーとして、育毛するひとには欠かせないアイテムです。

300ミリ 4500円

 

アトピーの方もご使用できるほどに低刺激で、保湿系のシャンプー
「アンダンテ」天然成分のベタインやトレハロースのような糖分が含まれており
頭皮やお肌をモッチリと洗ってくれます!


400ミリ 2100円

1000ミリ 3980円
コストパフォーマンスも魅力的

 

今まで市販のシャンプーを使っていて乾燥からの痒みなどがある場合にぜひ
ご利用してみてください。シャンプーしながらも保湿力を高めるためのベタインやトレハロースが含まれている。
とっても優しいシャンプーです。

全成分
水、ラウロイルメチルアラニンNa、コカミドプロピルベタイン、ベタイン、ラウリン酸ポリグリセリル-10、トレハロース、ラウリン酸ポリグリセリル-2、カプリン酸グリセリル、ポリクオタニウム-10、グリチルリチン酸2K、クエン酸、エタノール

 

 ウエンクレンジングコンディショナー
シャンプーの泡はなくて、トリートメント剤で髪の汚れや頭皮の汚れを浮かします。

今までにないシャンプーにビックリすると思います。

480ミリ 3394円

泡立つ今までのシャンプーではなくて、油分で汚れを浮かすというようなものです。使い方はこちらを参考にしてください。

乾燥肌の方にオススメのシャンプー剤で、かなりしっとりとします。

注意点

ワックスやヘアスタイリング剤をつけている時は、先に他のシャンプーで泡立ててスタイリング剤を落としておく事をオススメします。何もスタイリングしない人むけに、とてもマイルドな
脂を天然のオイルで汚れを浮かしていくようなシャンプーを使わないクレンジング剤です!

脂性用の育毛シャンプーのオススメは?

 スカルプD
脂性の頭皮のつまりや汚れをスッキリ爽快にするのはやはり、スカルプDではないでしょうか?
発売の当初は、天然性分を入れているから、髪の毛が増える!と誤解されるようなコマーシャルをガンガンに流していたので、勘違いしてシャンプーするだけで髪が増えるという錯覚に騙された!と思っている人も多いようですし

発売当初は育毛シャンプーのなかに、石油系の界面活性剤を使用していてどうしようもないシャンプーだな〜と思っていましたが、それから何度も改良して、成分も頭皮のケアをできるレベルになっています。

350ミリ 3900円

 

男性だからといって、皆んなが脂性の訳ではありません。男性の6〜7割程度がノーマル肌で
残りの3割に乾燥肌とオイリー肌があるようなイメージです。

 

テレビのコマーシャルだけを見て、男性みなの頭皮に角質が出来ている訳ではありませんのでご安心下さい。
また夏場がオイリー肌でも、冬場は乾燥肌になる人もいますので

 

頭皮の状態をこまめに知る事も大切です。

 

男弾むシャンプー

 

参考記事

 

ご自宅で育毛する方にはこちらがお勧めです

↓ ↓ ↓

自宅での育毛を応援します

 

素敵な薄毛でも似合う帽子スタイル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク





Posted: 火曜日, 5月 12th, 2015@ 2:03 AM
Categories: 未分類, 育毛商品.
Tags: , , .
Subscribe to the comments feedif you like. You can skip to the end and leave a response. Pinging is currently not allowed.

スポンサーリンク





コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


スポンサーリンク





  • スタッフの髪が増えてます!パート2

    スタッフの髪が増えてます!パート2

    スポンサーリンク こんにちは。男のボンド藤本です。 最近は私の娘が無事、小学生になることができまして、おめだいね〜なんて 言ってたのですが♪( ´θ`)ノ ボンドの営業でも、あれれ? スタッフの●●さ …
  • バイアグラも併用しながら自力でインポテンツやEDを治す方法

    バイアグラも併用しながら自力でインポテンツやEDを治す方法

    スポンサーリンク 目次1 EDやインポになる兆候として、朝勃ちがなくなる2 勃起が弱く、中折れの症状になる理由3 男の更年期障害がEDやインポテンツに影響する4 お薬に頼らずにインポテンツとEDになら …
  • 頭皮ケアが貴方の髪を救います

    頭皮ケアが貴方の髪を救います

    スポンサーリンク 薄毛に悩まない時代がやってくる いつまでもフサフサの元気な髪でいたい…! 同じ年齢の男性でも髪が生えているか生えていないかだけで随分違った印象に見えますよね。 髪は女の命と言われてい …
  • 育毛してますよーーー!

    育毛してますよーーー!

    スポンサーリンク ↓   ↓   こんばんは。男のbond藤本まさたかです 今日は嬉しい育毛効果のお方がお越し下さいました。 おめでとうございます。本当に髪が元気になってくれて良か …
  • すんごい!トリートメント!!!

    すんごい!トリートメント!!!

    スポンサーリンク 髪のパサパサ・ぺったんこが老けた印象になる ヒトは生まれてから成長、発達、成熟を経て最終的には死を向かえます。これは、すべての人に共通のプロセスですが、 そのスピードに個人差がありま …