【EDの原因】ご安心ください確実に治せます・テストステロンと血流改善が予防の鍵です

 

EDやインポテンツ を治す方法をお伝えしますね!まずEDやインポテンツになる
大きな要因は2つあります。

血流不足と男性ホルモン(テストステロン)の低下がEDの原因です。
しかも血流とテストステロンとは密接に影響しあっています

テストステロンが低下すると、血流も悪くなりやすいという、負のスパイラルが生まれます。
またテストステロンが高くても、血流が悪くなっていると、中折れしやすかったりと
股間のパワーを最大限に発揮できません。

 

まずペニスは筋肉でできているわけでなく、性的な興奮があると血流が高まる事で、ペニスの海綿体という組織に
血液が流れ込んで、ペニスの勃起と維持ができるわけですね。

 

また精力の低下やEDの原因は男性ホルモンの一種であるテストステロンが年齢とともに低下する事が
大きな原因です。

 

テストステロンが低下すると
筋肉量の現象・元気がなくなりうつ状態・性欲の低下・血流が悪化する・骨密度低下・
集中力や記憶力の低下・イライラなどがあります。

 

これらの症状がでてくると、LOHと言われる男性の更年期障害といわれています。
更年期障害がすすむと、メタボ・心筋梗塞・脳梗塞・ガンのリスクが高まる事がわかってきましたので

 

ちょっと中折れしやすくなったな〜
勃起が弱くなってきたかも。。。

 

という方は早めにこちらの記事をご覧になって、早めにEDの対策を行う事で、健康的な身体を
維持する事にもつながりますよ٩( ‘ω’ )و

 

テストステロンは10代から急激に増え始めて、20歳をピークになだらかに低下していきます。
早い人で40代頃からテストステロンの減少による身体や精神の変化で
LOHとなり50代〜60代では多くの方がこの症状になります。

 

私は37歳頃から、中折れする自分の不甲斐なさに打ちひしがれました。
ですが毎日の生活習慣と正しいED薬の服用の仕方で、かなり強固な股間を
維持出来るようになっています

 

テストステロンを低下させる影響

テストステロンが低下する原因として老化現象が大きな要因ですが、老化以外にも食生活や
生活習慣も大きな要因としてあります。

 

テストステロンの減少を誘発する要因として
インスリンの影響があります。

 

EDの予防として、食べもの種類や食べ方によっても
影響しますので、本当に毎日の心がけが大切になってきますよ

 

インスリンが大量に分泌されるとテストステロンが減少

インスリンは食事をした際に、体内の血糖値を低下させる大切なホルモンでして
インスリンの働きによって臓器は血糖を取り込んで
エネルギーとして利用したり、タンパク質の合成や細胞の増殖を促したりもする
適切な分泌で身体の調節をしてくれるのですが

過剰分泌すると糖尿病などになり非常に身体や臓器への負担がでてきます。

またインスリンは血糖値を下げようとする働きですが、テストステロンは
血糖値を上げようとする働きなので、インスリンが過剰に分泌する事で
ホルモンのバランスが崩れやすくなり、テストステロンが機能しなくなり
EDやインポテンツ になりやすくなるのです。

 

インスリンが過剰分泌する事で肥満のリスクが高まりEDになる

糖質を多く摂取すると、インスリンが沢山分泌され、エネルギーとして使われず余った
ぶどう糖は脂肪となり体内に蓄えられるようになりますので、インスリンの過剰分泌は
肥満を引き起こす事に繋がります

肥満になるようなバランスの悪い食事をつづけていると、高血圧や糖尿病、動脈硬化にもなりやすく
血液の流れが悪くなりやすくなり

テストステロンの減少だけでなく、ペニスへの血液の流入も悪くなり
中折れ・ED・インポテンツのリスクが非常に高まります。

糖尿病患者はそうでない人よりも2〜3倍のEDリクスが高まるという研究報告がありますのでEDやインポテンツ を
予防するには、糖尿病にならない健康的な食生活にする事と

 

スナック菓子やジュースなどの糖分の過剰摂取や、炭水化物なども血糖値が高まる原因でありますから
摂り過ぎないようにする事がEDの予防に繋がります

 

ストレスの影響でコルチゾールが増えてEDの原因

コルチゾールはストレスホルモンとも呼ばれ、ストレスを受けた時に副腎皮質から分泌量が増えるホルモンです

 

コルチゾールは生命維持に欠かせないホルモンでもあります。
もともとは生物が外敵や飢えなどの生命の危機に直面した時に分泌され、血圧や脈拍を上昇させ
非常事態から脱出させるための、装置のような働きがありました。

 

良質な睡眠をとる事でコルチゾールは脂肪や糖分の代謝を行います。
良質で十分な睡眠がとれなければ、ストレスホルモンでもあるコルチゾールが
夜中に過剰分泌されホルモンのバランスが崩れて、EDやインポテンツ になります。

ですからストレスなどを強く受けた際には十分な休息と良質な睡眠をとる事が
非常に大事です。

 

十分な睡眠について研究する方々は
個人差はありますが、7時間ほどの睡眠が必要と言われています。

 

睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠があり
レム睡眠は眠っていても、眼球などが動く浅い眠りの事で、脳の発達や学習に必要な睡眠で
ノンレム睡眠は身体や臓器の修復に必要とされています。

 

ストレス過多で睡眠の時間が減少し質の悪い睡眠を繰り返していくと
EDやインポテンツ になるリスクが高まりますので注意が必要です

 

農薬を使用した食生活もEDやインポテンツ のリスクが高まる

農薬に含まれる化学物質は環境ホルモンとも言われているのですが、体内に吸収されると
本来もつ女性ホルモン(エストロゲン)や男性ホルモン(アンドロゲン)などの作用を阻害し
ホルモンの働きを撹乱することから、身体の調子が悪くなったり、EDやインポテンツ にもなる
危険があります。

 

ホルモンは微量でも生体のある決められたタンパク質受容体と結合して
作用を発揮するのですが、環境ホルモンもこの受容体と結合する事で人体への
影響があります。

 

昔の武将がED薬や医療が発達していない時代に
精力的に子作りができたのは、健康的な生活習慣と農薬などで害されてない
食生活を摂れた事も大きな原因でしょう。

織田信長は20人以上
徳川家康は16名の子供をもうけ、60歳でもなお現役だったそうです。
詳しくはこちらを参考に

ED薬のない時代にどうやって精力を維持出来たのか?

 

このように現代社会は農薬の問題・ストレスの問題・食生活の問題などで
EDやインポテンツ になりやすい時代とも言えます。

 

私自身も37歳という若さで中折れを3夜連続経験し、男としての大ダメージを
受けることになりましたが

 

普段は健康的な生活を過ごしていると思っていましたが
老化現象からくるテストステロンの減少や、甘いジュースやコーヒーに含まれる
糖分をとる事でインスリンが過剰分泌させてさらに、エストロゲンの減少や、血液の状態も悪くなっていたのでしょう。

 

また慢性的な睡眠不足からも、コルチゾールが増えて精力が低下していた事が考えれられます。

 

高血圧は血液の流れが悪くなりEDの原因

 

高血圧の6割近くの人がペニスの勃ちが弱くなっていたり、持続力に問題があるようです
中にはEDやインポテンツ になる方も非常に多いようです。

 

高血圧になる原因として、血管の問題と血液の問題、2つがあります。
年齢と共に血管の柔軟さが失われる事や、血液がドロドロになっている事も影響します。

血管の柔軟さが失われると血管が自由に広がれなくなり、例えるならば
ゴム風船を膨らます際に、硬いゴムよりも、伸びやすく柔らかいゴムの方が、力を入れなくとも
たやすく膨らます事ができますよね。

これが高血圧と同じように心臓から血液を送り出すさいに、硬い血管だと心臓への負担が高まり高血圧となります。

血圧の高い状態の原因として、血管の柔軟さが欠ける事と
血液がドロドロになる事が原因ですが

 

血液には赤血球や白血球、血小板からなる細胞成分と液体成分から構成されていますが
これらの量や質に異常が起こる事で「血液がドロドロ」となり、EDの原因ともなります
メタボ・肥満の人・水不足や飲酒などの原因でも血小板が固まりやすくなり、スムーズな血流になれません。

 

血圧の高い状態や、血液がドロドロな状態が続くと血流が悪くなります。ペニの動脈は非常に細い為に
影響を受けやすくペニスの海綿体への血流が悪くなり、EDや勃起不足となります

 

飲酒量が多くなるとEDやインポテンツ になりやすい

 

お酒やビールが水分の補給とはならい理由が、アルコールの利尿作用の影響です。
ビールを1リットル飲むと体内の1.1リットルの水分が失われるとも言われています、この理由はアルコールの利尿作用の影響と
アルコールを分解する際に水分が必要だからです

 

お酒を飲む事は少量だと血行もよくなり、非常に身体に良い事なのですが
飲みすぎる事で、気づかずに血液の水分量がへり、ドロドロな血液になり
勃起不足やED・中折れの原因ともなるので、飲酒には注意が必要です

 

少量のアルコールだと身体に良いが・・

個人差はありますが、アルコールを少量(日本酒1合、ビール350ml)程度を嗜む人は全く飲まない人よりも
心筋梗塞や狭心症などの心疾患の発症率が低い事が報告されています。

また心臓や頸部、手足などの動脈硬化の程度も飲酒する人のほうが軽いのです。
少量のお酒は、EDやインポテンツ の予防にもなります

 

その理由として飲酒をするとHDLコレステロールが増加する事で、血液が固まりにくくなり
動脈硬化を予防します。しかし飲みすぎたり、頻繁に飲酒をするようになると
血圧の上昇がもたらされる事や、飲酒中の摂取カロリーオーバーやお酒に含まれる糖分での
肥満を引き起こす可能性があります、

 

飲酒の増加に伴い
心臓の筋肉に障害が起こったり、不整脈を誘発し、心肥大や心不全になるリスクが高まります。

常用の飲酒やお酒を飲みすぎる事は危険です、EDやインポテンツの原因になりますので
注意が必要ですね。

 

ED治療薬の最大の効果

ED治療薬には様々な種類があります。
バイアグラ
シアリス
レビトラ
などがありまして、効果の即効性や持続力、勃起の硬さなどにも
違いがありますが

「PDE5阻害」という効果がどのED薬にもあります。

勃起の仕組みを簡単に説明すると、脳が性的な刺激を感じて興奮すると→ペニスに神経を通って信号が伝わります
→cGMPという物質が働きだしてペニスの平滑筋が緩み→海綿体に血液が流入し、勃起が始まります。

ですがこの勃起を抑えようとする働きがあります。これはPDE5という酵素の働きが活発になり
せっかく勃起したペニスのボッキを弱めようとするのです。この働きで勃起し続けるのではなく
性的な興奮が弱くなると、自然にペニスの硬さは弱まっていきます

 

しかも、年齢とともに血流の悪化やホルモンの低下からも、ペニスの勃起強度が弱くなり
PDE5の酵素のせいで、中折れしたり、勃起の持続で極端に低下するのです。

 

ED薬を服用すると、
血流不足や男性ホルモンの低下・老化現象からの
殆どのEDやインポテンツ の症状の方に、勃起の効果が現れます。

 

ED薬の誤解として、服用すれば興奮したり催淫剤のような働きがあって恐ろしいという間違ったイメージがあるのですが
「脳ではなくペニスに作用するお薬なのです」(女性のクリとリスやヴァギナにも効果があります)
女性のバイアグラについてはこちら

 

あくまでも脳から信号出た時にだけ、勃起を促すことができます。
ED薬の勃起効果も
バイアグラ→3〜5時間
レビトラ→5〜10時間
シアリス→24〜36時間

 

と効果が持続しますが、この持続する間ずっと勃起しているのではなくて、性的な興奮がある時にだけ
勃起するというお薬なのです

 

オススメのED薬はこちらです。

 

ED薬のさらなる効果とは?

 

EDを予防する為には男性ホルモンを減少させない為に

● 食事でインスリンを大量に分泌させないように、糖分を控える事
● 出来るだけ農薬のないオーガニック食品をとる事
● エストロゲンを分泌させる為に筋トレを行うこと
● お酒を摂り過ぎない事などがありました、

EDを予防するという意味あいでとても大事な事です。ですが、今日、明日の即効性のある
ED改善となると、ED薬を服用するのが最大のパフォーマンスを発揮させる事が出来ます。

 

ED薬のエビデンスのある効果(証明されている事)は
勃起不全の改善・肺高血圧症・前立腺肥大症状この3っつです。以外だったかもしれませんが
バイアグラの有効成分であるシルデナフィルは肺高血圧症の薬としても使用されていますし
シアリスの有効成分であるタダラフィルは前立腺肥大症のお薬としても使用されています。

 

ED薬としても世界中で使用されていますし、その血流をよくする事、PDE5の酵素を阻害する効果
を応用して様々、病気の治療をおこなわれているのですから

 

正しい服用をするととても安全ですし、後ろめたいお薬でもありませんそれどころか、
30歳を過ぎると少しづつ老化現象が始まりますので、この高齢化社会を過ごす日本ではとても優秀なお薬なです。

エビデンスはありませんが、医師の中にはED薬は勃起の改善だけでなくアンチエイジングとしても有効であると
説いている医師もおられます。

 

ED薬は、血管内部の機能を高める事や、血管内皮の再生にも有効です。
また定期的に服用すると酸化ストレスを減少させるという事も、動物モデルでも証明されており、
精巣でのテストステロンを増加させる事で、更年期障害の予防・筋力の低下・意欲の低下・前立腺肥大による頻尿の予防など
様々な効果を期待できます

 

 

バイアグラジェネリック

 

レビトラジェネリック

 

シアリスジェネリック

 

 

歴史上の偉人によるED克服方法と健康方法がとても
参考になりました。動画で解説しておりますので
良かったら参考にして下さい

 

 

 

 

記事のURL をコピーする


 

投稿日: 火曜日, 9月 10th, 2019@ 12:13 AM
カテゴリー: EDを克服する.
タグ: , .
Subscribe to the comments feedif you like. You can skip to the end and leave a response. Pinging is currently not allowed.

コメントを残す