頭痛が少ないED薬は?ED薬で頭痛いを軽減する方法は?

ED薬の頭痛を軽減する方法

ED薬を服用すると、多くの方に副作用が生じるようです
例えば、頭痛・ほてり・たちくらみ・目の奥が熱い・消化不良などがあります
このような副作用は短期的なもので
殆どが深刻なものではなく、ED薬の効果が現れてきた、証拠ともいえるので
副作用が生じてきた頃に、ED薬の効きがきいてきたと判断もできます。

 

ただED薬の副作用でも一番厄介なのが「頭痛」ですよね
今回はこの頭痛になりにくい薬と、頭痛にならない対処方法について考察していきます。

 

まず何故ED薬を服用すると頭痛が生じるのか?の問題ですが
ED治療薬は陰茎海綿体(ペニスの組織の事)の血管を拡張する事で勃起を維持します。
この血管を拡張させる働きが脳内の血管も拡張されます。

 

血管が拡張されると、血管の周囲が炎症をおこし脳神経を刺激して痛みが発生するようです。

 

「偏頭痛もちの方は特に痛みが敏感に感じるようで、ひどい方はED薬を服用すると
頭痛でセックスができない(><)という方もいらっしゃいます。余談ですが、頭痛痛には
「緊張型頭痛」と「偏頭痛」があり緊張型頭痛は肩などの筋肉がこわばって硬くなっている事が原因で
運動や入浴で血流を良くすると効果的なのですが、偏頭痛やED薬の服用で頭痛が
生じる場合には、血流が良くなると、痛みが増してしまうので、運動や入浴は逆効果となるので
注意が必要ですね

ではバイアグラ・レビトラ・シアリスどどの薬が
一番頭痛がなりにくいのか?を調べてみますね

 

バイアグラ・レビトラ・シアリスで頭痛になりにくいのは?

ビダリスタは食事や服用時間を気にせず、再戦もできるという口コミ・感想

一般的にシアリスは一番副作用が弱いとは言われていますが、口コミなども調べて見ますね

 

まず私の個人的な感想ですが、バイアグラが一番効果が短時間(3〜4時間で勃起の効果が弱まる)なので
副作用が少なく、バイアグラジェネリックでは殆どが頭痛がありません

 

しかしレビトラジェネリックは効果が強くバイアグラの倍ほどの時間が長持ちするので
副作用も長くなります。また頭痛を感じます

 

次にシアリスですが、シアリスは一般的には副作用が少ないように作られているようですが
効果が24〜36時間持続するので、その分副作用もシツコク残る印象です。
風邪の初期症状のような、頭がおもく頭痛も生じます

個人的には一番副作用があるシアリスが苦手な印象です。
表にもしてみますね。

 

ED薬 バイアグラジェネリック レビトラジェネリック シアリスジェネリック
効果 3〜5時間・最高レベルに強い勃起 5〜8時間 最高レベルに強い勃起 24〜36時間 自然な勃起が長持ちする
頭痛の副作用 生じにくい 強く感じる シツコイ痛みが長続きする
代表的なオススメのED薬 カマグラゴールドシリーズ
カマグラゴールド
バリフ 

タダシップ 

タダシップ の口コミ・体験談

個人的な頭痛の感想

頭痛がなく服用しやすい

頭痛があるが勃起力が強い

風邪の初期症状のような頭痛がある

 

このように頭痛が生じにくい、バイアグラジェネリックのカマグラがオススメですが、個人差がかなりあるようで
ネットでの口コミなどをみていると、カマグラゴールドでも頭痛になるといった人もいました。

 

頭痛が強く生じる方は、同じ薬だけ服用するのではなく、バリフ やタダシップ のように

レビトラジェネリック、シアリスジェネリックの違った種類のED薬を服用してみて、頭痛が生じにくいものを選ぶ事をお勧めします。

 

頭痛を抑える為にすることは?

 

ED薬を服用して頭痛が生じる場合は、偏頭痛と同じように、血管が拡張されることで痛みが生じるので
運動や入浴・マッサージなどの血流が良くなるのは逆効果となります

EDの頭痛を頭を冷やして治す

 頭を冷やす

冷たいタオルやアイスノン(氷水)などの保冷剤で痛む部分を冷やすことで
血管が収縮されて、ズキズキとした痛みを和らげることができます。

カフェインでED薬の副作用の頭痛を軽減する

 カフェインを摂取

またカフェインを含む、コーヒー・紅茶・お茶などを適量摂取するのも頭痛に効果的です
カフェインは血管を収縮ささえる作用があり、脳動脈の拡張を押さえれて痛みを軽減する可能性があります。
ED薬を服用し、痛みが生じる前にカフェインを含む飲み物を飲むのも良いでしょう。

就寝前にED薬を服用する

寝てから性行為をする

 

 頭痛が起こる間は就寝し次の日に楽しむ

この方法はED薬の口コミで参考になった方法なのですが
レビトラやシアリスジェネリックを寝る前に服用し
頭痛が起こる時間帯は寝ておいて、次の朝に勃起とともに
目覚めて性行為を行うという方法をされている方がいました

 

この場合はバイアグラでは効果が短いので就寝中に勃起の効果が消滅するので
シアリスジェネリックやレビトラジェネリックの効果が持続するタイプのED薬を選ぶことが良いでしょう。
シアリスジェネリックは24〜36時間、レビトラジェネリックは5〜8時間

ずっと勃起するのではなく、性的刺激があると勃起の効果が強くなります。

ED薬の服用量を調整

 服用量の調整

ED薬の服用量と効果と副作用は比例します。

服用量を多くすると、効果も高まり、勃起の強さや硬さも増し持続時間の長くなります。
それが嬉しくて、服用量をついつい増やしてしまう方や

多く服用しなければ不安で、勃起が萎えてしまうのはと心配なのでついつい服用量が多くなる人がいます。ご自分にあった
最適な服用量をしっかりとキープする事で、副作用の頭痛を軽減する事ができます。

勃起が萎えるのが心配だという方は、空腹時に服用することや
食事の影響を受けにくいED薬を選ぶ事もお勧めします

 

食事の影響を受けにくいED薬

ロキソニンとED薬を服用し頭痛を軽減

 頭痛薬を服用する

鎮痛剤であるロキソニンを同時に服用する

ロキソニンは抗炎症作用のある鎮痛剤で、ED薬を服用する際に同時に服用する事で、ED薬の副作用の頭痛を軽減する事ができます。
(シアリスの場合は効果が現れるまで3〜4時間かかりますので頭痛が生じるのも遅いかもしれませんので、ご自分にあったタイミングを見つけるのが良いでしょう)

ロキソニンは鎮痛成分である「ロキソプロフェンナトリウム水和物」は血中へ溶けるのが早く
20〜30分ほどでは効果が現れますので、バイアグラジェネリックやレビとらジェネリックの効果時間程度は効き目が
持続するので、同時に服用するのがベストですね

1錠ずつの服用で、1日2回までとなっています。2度目の服用は4時間以上間隔をあけましょう。

またロキソニンSは胃粘膜を刺激しにくく「未変化体」のままで胃を通過する事で胃への負担を減らす工夫がされています
がしかし空腹時の服用ではなく、食後が推奨されています。

空腹時にED薬を服用するのが一番効果が高いので、ロキソニンも一緒に服用すると
胃粘膜が荒れてしまう可能性もあります

胃の弱い方はロキソニンと一緒に胃薬も同時に服用すると良いでしょう。

ロキソニンを服用する際には注意がありますので以下の症状の方は
服用する際には医師に相談しましょう

● 胃潰瘍の方
● 肝障害・腎障害・心機能不全
● ロキソニン成分に過敏な方

 

どんな人がED薬を服用すると頭痛があるの?

頭痛がおこりやすい人の特徴として、日頃からアルコールを摂取すると頭痛がする人は
ED薬を服用しても頭痛が生じやすいようです。

またお酒を飲むと顔が赤くなる人もED薬を服用すると副作用で「顔のほてり」や「顔の潮紅」の発生率が高くなります。

 

 

記事のURL をコピーする


 

投稿日: 水曜日, 12月 11th, 2019@ 1:32 PM
カテゴリー: 未分類.
Subscribe to the comments feedif you like. You can skip to the end and leave a response. Pinging is currently not allowed.

コメントを残す

CAPTCHA