歴史上の人物の性事情・ED薬がない時代にどうやって精力を維持出来たのか?

ED薬がない時代に精力を維持した偉人

歴史上の偉人では、平均寿命50年と言われた戦国時代に
70歳を超える長寿を維持しならも、何人もの子供を高齢でありながら
もうけた、武将が数多くいます。

医療制度が整い寿命が伸びた、平成・令和というこの時代でも
セックスレスや少子化問題などがあります。

男性機能が低下しているのが原因なのか、簡単に欲求を満たせる時代になったのが原因なのか
10代・20代のセックス離れもあるようです。

私のように中年になり、脂ものってきてこれからだ!と意気揚々としている年代の人に
急に襲われるED・中折れ・インポテンツ 問題について
歴史上の偉人たちの活躍ぶりを調査しながら

現代の私たちも元気な毎日を過ごせるヒントになるのではいかと思いますので
是非、ED薬だけに頼るのではなく、武将のような覇気を身にまといながら彼らが
長寿と精力を維持した方法についても考えてみましょう!

 

徳川家斉は40人もの側室を抱えていた

 

15歳で江戸幕府の10代将軍となった徳川家斉(いえなり)は

40人もの側室を抱えなんと50人以上の子供を作ったそうです。しかも流産した子供の7人は
カウントせずにこの人数です

17歳〜55歳までにほぼ毎年、子供が誕生しており男子26人・女子27人だったそうです。
また徳川幕府最長の将軍在位期間で50年もの間、群をぬいた精力ぶりです。

家斉は1773年一橋徳川家の第2代当主、一橋治済の長男として生まれ、跡継ぎを失った、10代将軍
徳川家治(いえはる)の養子となり、1787年に家治の死後、15歳で将軍に就任しました。

ただし、政治的にはあまり上手ではなかったようで、側近政治により癒着での腐敗により、地方では幕府に対する不満があがるようになり
、大塩平八郎の乱や生田万の乱を始めとする反乱が相次いで、次第に幕藩体制の崩壊の兆しが見えるようになっていたとも推測されます

 

織田信長の血筋も精力豊富

今のように精力剤や、ED薬がない時代に、戦国武将の代表格ともいえる
織田信長も子宝家系と言えます。

織田信長の父である、尾張のトラとも呼ばれた戦国時代随一の大名です。
尾張の低い地位から尾張各地、そして一時は西三河まで支配し尾張国を代表する勢力となり信長が全国統一を目指し天下布武を掲げる、礎を築いた男ですが、
40代前半で死去するまでに正室と多くの側室との間に12人の息子と10人以上の娘をもうけたのです

このように多い兄弟の中で育った織田信長ですが、自身も20人以上の子供をもうけたようです。

伊達政宗は長寿であり子宝

 

1567年生まれ、仙台藩の初代藩主である、伊達政宗は70歳まで生きて
60歳の頃に最後の子供である「千菊姫」をもうけました。知られているだけでも
16人の子と、側室は7人と言われています

そんな政宗の長寿と精力の秘訣は
「アミノ酸」などのタンパク質と大豆などの栄養素が含まれる味噌と

精子の形成や性欲増進に深く関わる「亜鉛」を多く含む牡蠣を好んでいたとも言われています

 

前田利家は21人の子供をもうけた

幼少期は織田信長に仕え、その後秀吉に従い
豊臣政権の5大老の一人でもある加賀百万石の礎を築いた
「前田利家」は若き日は武闘派の武将だったようです。

そんな利家は21人の子供をもうけていました

 

徳川家康は66歳でも子供をもうけた

徳川家康もかなりの精力があったのが伺えます。75歳という超長寿であった事にも驚きですが

実の子で男子11名・女子5人いたそうで、4歳でなくなってしまった

子供がいたそうですが、その子をもうけた時には家康は66歳だったそうです。

側室は18名もいたそうです。

このように、精力剤やED薬がない時代に、このように精力的に活動していた事に

畏怖の念すら覚えますよね。

 

ですが、このように戦国時代に精力を衰えさせないように、工夫した健康方法があった事は
無視をできません。現代の私たちも、生活習慣を健康的なものにする事で

精力を高めて人生を桜花する事ができます。

 

戦国武将のED予防方法

 

特に家康は健康方法・長寿方法についての並々ならぬ関心を抱き
様々な健康方法を取り入れ、実践されていたそうです。

 

● 麦飯・豆に味噌の粗食に徹する

現代の人も食生活には本当に気を付けなければいけませんが
インポテンツ やEDになる人は、メタボや高血圧・糖尿病などにより

血行不良になる事や、血管の働きが弱まり、ペニスにしっかりと血液を流せれなくなるだけでなく

食べ過ぎや、糖分の取りすぎは
インスリンという血糖値を下げようとする働きのホルモンが過剰に分泌され
体内のホルモンバランスが崩れてしまい

勃起する事に非常に需要な働きをする男性ホルモン「テストステロン」が弱まる事に繋がります。
その点、歴史上の武将たちは粗食を口にする事で、ホルモンバランスを健全な状態に
保つ事で精力を維持していた事がわかりますね。

 

● 自ら薬研を操り薬を調合

 

この頃の薬は薬草や漢方です。

薬になる植物などを研究する本草学に基づく調薬を行なっていました。

現代ではバイアグラやレビトラジェネリックなど

素晴らしい薬がありますが、その頃は手術ではなく薬による治療が主流で

薬のもとは植物や草からでした

 

テストステロンという男性ホルモン値が低下すると、筋力の低下、精力の低下、血流の低下、鬱になりやすく
前立腺が肥大する事で頻尿や尿もれをしやすくなるなどの影響がでます、

男性ホルモンが低下する病気を男性の更年期障害(LOH)と言います。LOHになる原因として
老化現象が大きな理由ですが、そのほかにもストレス・運動不足・睡眠不足・肥満
などがあります。

 

このようにホルモンバランスが崩れ、減少する事で更年期障害となり、男性の勃起不全へと繋がるのです。
そこで自然の植物などからも、バイタリティーを高める、漢方などがあります。
それらを武将も活用していたようです。。

 

現代でも漢方薬を上手に活用しながら精力を高めている方もおられます。
例えば「補中益気湯・ほちゅうえっきとう」という漢方薬には疲れを癒し、気を高める効果があり
LOHのホルモン低下を抑える働きがあります

含まれる生薬は
人参(にんじん)
白朮(びゃくじゅつ)
黄耆(おうぎ)
当帰(とうき)
大棗(たいそう)
柴胡(さいこ)
陳皮(ちんぴ)
甘草(かんぞう)
生姜(しょうきょう)
升麻(しょうま)

などです。徳川家康は漢方や薬草に並々ならぬ関心があっり自らも
調合されていたそうです、現代でも漢方や薬草がもつ力が証明されており
精力のある武将の理にかなった行動が垣間見れますね


● 鷹狩りで運動不足を解消する

 

馬に跨り狩に出るのは家康の健康術の一つです。

今のように平坦な道ではなく、自然の中を

馬にのるのですから、身体全体の筋力

特に脚の筋力を強化できます。

 

全身の血流を高める為には、有酸素運動をした後に筋トレをする事で
筋肉がポンプのように働き、血の巡りを更に良くしてくれます。
また筋トレをや運動を行う事でホルモンのバランスも保たれますし

「テストステロン」の減少を抑える働きがあります
特にLOHが発症している男性は、スクワットなどの下半身の筋トレを行う事はとても重要です。

また乗馬ばなどでバランスをとる時に、肛門付近の筋肉(肛門括約筋)も刺激するのですが
これが非常にペニスのボッキと関係しており、肛門を閉めたり緩めたりする事で
肛門からペニスに繋がる「骨盤低筋」を引き締める事ができます。

この筋肉を強化する事で、ペニスの勃起を促す事ができます。
この方法はこちらの方の動画を参考にしてみてください

こういった、3っつの家康の習慣が

60代を超えてもなお現役でいられた

秘訣です、現代の私たちよりも自然の中で

理にかなった精力維持方法を編み出していたのですね。

 

歴史上の偉人を調べていく中で、50代くらいが平均寿命だったころに

家康は75歳まで生き、16人の子供をもうけ、伊達政宗は70歳まで生き16人の子供もうけたという
本当にバケ者のように感じていましたが、叡智のある生活習慣を実践する事で
長年バイタリティーを維持できたという事を紐解く事ができました。

 

EDになっている人や中折れしやすい人

 

このように、健康的な食事と、運動を行う事である程度は
精力を維持する事ができますが、今すぐボッキを改善したいという急を要する方には
生活習慣を改めるだけではな物足らない結果になるでしょう。

 

そこでこういったバイタリティーを高める生活習慣を行いつつ、ED薬を併用する事で
本当に20代の頃のような、もしくはそれ以上のパワーを蘇らす事ができます。

中折れの心配から夫婦のセックスに消極的になった人や、対人関係でも自信を無くしてしまった
という方も多くいらっしゃいます。

 

そういった方にオススメのED薬がこちらです

水なしでも服用できる・持ち運び便利なED薬

 

最強のED薬

 

早漏も予防しながらボッキ改善

 

服用しやすいED薬

 

動画でも解説しています。良かったら参考にして下さい

記事のURL をコピーする


 

投稿日: 金曜日, 9月 6th, 2019@ 11:28 AM
カテゴリー: EDを克服する.
タグ: , , .
Subscribe to the comments feedif you like. You can skip to the end and leave a response. Pinging is currently not allowed.

コメントを残す