妻にだけED・嫁にだけEDを克服し、元気な性生活を過ごす方法

 

「妻にだけED」を予防する方法
こんにちは♪股間の調子はいかがでしょうか?
私はお陰様で今日も絶好調です(笑)

 

今日は長年連れそう奥さんや彼女さんとの性行為をより良くするには
どうすれば良いのか?を検証したいと思います

 

お客様の中で
妻からの夜の誘いが怖くて、、出来るだけ避けるようにしている
という人や
妻にはもう勃起しないよ
という男性の方がおられます。

 

またTwitterなどで「レスられ」などで検索して頂くと
非常に多くの人妻が、日々の悶々とした生活を呟いているのがわかります。

 

妻にだけED・嫁にだけEDをもつ奥さんや主婦の方は、愛されてないという
寂しさがストレスになったり、妻を非行に走らせてしまう原因なのかもしれませんよ。

 

余談ですが、当店のお客様のBARを経営されているお客さんでも人妻だけの
合コンはかなり盛況だそうです。

 

奥さんや妻を愛さずに他の男との出会いに走らせてしまう家族環境は
私から言いますと非常にもったいない!!!人生をもっと楽しんで欲しい
と思います。私は子供が4人いて、5人目も欲しいというくらいに
夜の営みが大事だと考えております。

 

そのように性に対して完全燃焼していない男女がいる事に
世の中はチャンスだらけだな〜と思います

あっかといって、欲求不満の人妻のお相手をする方法というお話では
ありませんよ(笑)

 

あくまでも、長年連れそう自分のパートナーとの
性行為の関係をいかに継続し楽しむ事が出来るのか?
という事です。

パートナーとの性の営みを楽しむ工夫が大事

 

その為には、お互いに盛り上がる為のテクニックが重要です。

 

しかしながら、同じパートナーとの営みを何年も続ける
もしかしたら、50年・60年と繰り返していく事になるかもしれません(笑)
老後が恐ろしいと思われるかたもいるでしょう

 

昔では想像もつかなかった事ですが、70、80代の男女が
夜の営み・肌を触れ合うスキンシップを行う事は
異質な事ではない時代になっているのです。

 

ですが今の一夫一婦制という法律ではこのように性行為によるコミニュニケーションは
パートナーとの間だけという制約がありますので
妻にだけED」になってしまう事は仕方ないのかもしれませんね。

 

今の結婚制度がつくられたのは
1898年(明治31年)とされていますので、まだ100年余りしか経って
いないので、多くの問題がでてくるのも致し方ありませんし
今後もこの結婚制度の内容は変わる可能性が高いと思われます。

 

一夫多妻制度や多夫一妻制度などは多くの地域や歴史的にも見られます
キリスト教のヨーロッパ王室の一夫多妻制
スラームによる一夫多妻制
アフリカの一夫多妻制
日本でも江戸時代には多くの大名が正妻とは別に妾がいました

 

一夫多妻であれば、夫婦円満なわけでなく
激しい嫉妬や財産の奪い合いなどは
昔からあったようです。

 

ですが皆が皆、一夫多妻になれるのではなく、上流階級の方や、財産が多くあったり、容姿端麗だったり
と男の中でもエリートだけなのです。いつの時代も重要なものは資産と生まれ持った才能なのです(涙)

 

 

しかも、「富めるものは益々と富むようになる」というように、一夫多妻でEDになる男性は少ないようです
日本の「資本主義の父」と言われた渋沢栄一には多数の愛人がいて30人もの子供がいて
最後の子供は80歳の時にできた子だそうです。

 

バイアグラなどのED薬がない時代にですから
このように複数の女性と関係を持つというのは
精神衛生上とても良いことなのです。

このような事を主張すると、何て不謹慎な事を言うんだという意見があるかもしれませんが

複数の女性と関係を持つ男性や女性が悪い訳ではありません。それを相手に隠しながら行う事が

、夫婦関係や恋人同士の絆に亀裂が入りやすいという事なのです

 

今の結婚制度でこのように多くの愛人をもうけることや
結婚はせずとも愛人を囲う事は
社会的な信用を失う事に繋がる事が非常に多くリスクを伴う事なのです。
(※本当はそっちの方が、健康的で幸せにも暮らせるのに・・)

 

このように一般市民には何かと我慢を強いられているのがこの世の常です。
ですから上手く、一人の女性との関係性を長続きさせ、しかもEDになるような
悲しい男にはならないようにしなければいけません。

股間を強くする方法

究極的には、夫婦のお互いが了承しあい
複数の人と肉体関係を保つ事が非常に股間の調子を良くすることなのです
このような価値観で育っていない私たちにはハードルが高すぎますね

 

お客様の中にはこのように、夫婦生活を良好に保ちながらも
性行為だけは別の方と行い、その事についても夫婦で包み隠さないという
次世代の夫婦関係を継続される方がいます。

 

今後の流れとしては、このように同時に多くの女性や男性を愛するというのが
ポピュラーになるのではないかと想像出来ます。ただし今までの昭和・平成の価値観では
独占欲や社会的な体裁が邪魔をして、誤解されるかたが多いでしょう。

 

私自身も妻が他の男と楽しむことに関しては、許せないでしょう。しかしそれは
今まで価値観がそのように感じるだけで、本当は多くの人と愛し合う事の方が
健康的で健全だと思います

 

だからこそ、一人の女性を愛し続けるには
色々なテクニックが必要になってきます。
嫁に飽きてしまったから妻にだけEDで仕方ない」というのでは
夫婦生活が非常に寂しく悲しい事になるでしょう。

 

こちらに「妻にだけED」の予防方法を載せておりますので
ご参考にして下さい

妻にだけED・嫁だけEDを予防する方法

 

因みに私は妻だけを愛する美学を持っています。

貴方ももし、一人の女性を愛しつづける
「コツ・マインド・テクニック」そのようなものがあるなら
是非教えてくださいね

 

PS 私は数年前からED薬を服用しながら、妻にだけ勃起を
実践しているのですが・・

 

やはり股間の勃ち上がりが弱くなる事は中年になると仕方ありません
EDになってしまう事を極端に恐れてはいけませんし「妻にだけED・嫁にだけED」になってしまっても
自分を責めてはいけません。ある意味今の結婚制度では難しい事なのかもしれません。だからこそ
自分を盛り上げ、妻を盛り上げて、一夫一婦制の性行為も楽しめるような工夫が必要だとは思いませんか?

今回は男性視点で書かせて頂きましたが、勿論「旦那にだけED・夫にだけED」という
夫にはもう興奮しない女性がいることも忘れてはいけませんね

 

EDも克服できる時代になっています

EDを克服する方法

 

私が愛用するED薬はカマグラPOLOです

 

食事の影響を受けにくいのはバリフです

 

 

記事のURL をコピーする


 

投稿日: 木曜日, 7月 2nd, 2020@ 3:15 PM
カテゴリー: 未分類.
Subscribe to the comments feedif you like. You can skip to the end and leave a response. Pinging is currently not allowed.

コメントを残す

CAPTCHA