パントスチン/副作用の少ないAGA治療薬とは?

ハゲ薬・AGA薬の副作用が少ないものや、副作用の無いものは?

 

ハゲ薬やAGAの薬として一番に思いつくのが

ミノタブやプロペシアそしてジェネリック薬として、フィンペシアやデュタステリドではないでしょうか?

 

 

AGA治療薬を使いたいけど、副作用のことが心配という方も多いでしょう。
いくらAGAが改善できても、その結果副作用によって男性機能が低下したり低血圧になってしまったら、心から喜ぶことは出来ません。

 

そんな方にオススメなのが、副作用の心配がほとんどないパントスチンという抜け毛抑制外用薬です。

 

 

パントスチンの有効成分はアルファトラジオールというもので、これはテストステロンがジヒドロテストステロンに変換されるのを阻害する効果があります。
ジヒドロテストステロンは毛乳頭細胞を攻撃して、髪の毛の生成能力を低下させて、健康な髪が成長するのを阻害します。
そのため、髪が伸びたとしても細く弱かったり、毛根部分がしっかりと生成されないため、成長途中で髪がどんどん抜け落ちて薄毛になってしまいます。
アルファラジオールは、そんなジヒドロテストステロンの生成を抑えるので、AGA治療に効果を発揮してくれます。
外用薬なので、プロペシアよりも効果が若干劣るものの、性欲減退や勃起不全などの副作用もありませんから、安心してAGAの治療を行うことができます。

 

また、プロペシアはAGA治療にしか効果がなく、女性は使用してはいけないとされていますが、パントスチンは男女問わず使えます。
アルファラジオールは女性男性型脱毛症(FAGA)への効果も認められている上に、加齢による脱毛も抑制する効果が期待できます。
認容性も高いので女性でも安心して使えますから、副作用のリスクが高い治療薬を使いたくないという方はパントスチンで治療をしてみるといいでしょう。

 

100mg 5593円〜

 

パントスチン

 

男性型脱毛症(AGA)は、男性ホルモンであるテストステロンが、5α還元酵素によってジヒドロテストステロン(DHT)に変換され、このDHTが頭皮内で毛根を傷めることで生じます。しかしこれは男性に限ったことではなく、女性も同様にDHTによって毛根が傷んで脱毛が起こる場合があります。

 

パントスチンの有効成分アルファトラジオールは、このDHTの産生を阻害することで、毛根へのダメージを防いで脱毛を抑制します。アルファトラジオールは女性用であるため、通常の男性向け脱毛抑制成分と比べて、このDHT抑制作用が比較的マイルドです(このため、通常の男性向けAGA治療薬の副作用としてよくある性欲減退などを懸念される場合は、男性の方もご利用いただけます)。

 

抜け毛を抑制する作用があることから、他の育毛剤と併用することで、発毛を促す相乗効果が期待できます。

 

オススメの薄毛薬は

 

発毛薬と薄毛薬はミノタブとフィナステリドという
お薬がありますが、病院や発毛クリニックなどでも処方してもらえますが

ネットから通販で購入するのが一番安くで購入する事ができます。

ただし通販や個人輸入は危険だとか、偽物があるなどの心配な方は
病院で高くで購入することをお勧めしますが

 

安心で格安で購入されたい方は、私どもがお勧めするオオサカ堂での通販をお勧めします。

 

飲み薬 発毛 抜け毛予防 効果のスピード 病院(1ヶ月) ネット通販
ミノタブ 3ヶ月〜半年 8000円〜 1300円〜
フィナステリド  1年〜3年 8000円〜 1300円〜

 

 

育毛師

 

 プロペシア 28錠 5300円

ジェネリック薬でなく、薄毛の薬の本家プロペシアも個人通販する事ができます。

プロペシア(アメリカ版)1mg

 

 フィンペシア(100錠) 1箱2900円 2箱5200円

フィンペシア
インドCipla社製。インド製薬会社第2位。
インド第2位の製薬メーカーで2006年度売上高は8億2500万ドル。
欧米含む170カ国以上に製品を輸出。

フィンペシア(Finpecia)1mg

 

 フィナロイド(100錠) 1箱2800円 2箱4900円 3箱7000円

フィナロイド
ロイド・ラボラトリーズというフィリピン最大手の製薬会社
アメリカ・シンガポールを含めた世界6カ国に工場を構え本国では年間1億ドルを売上げる医薬品メーカーです。 医薬品の質がしっかりしている事でも有名でアメリカFDA(食品医薬品局)やWHOからの承認も受けた上で幅広い特許医薬品から、ジェネリックも開発・製造しています。

 

[プロペシアジェネリック]フィナロイド(FinaLloyd)1mg

LLOYD LABORATORIES社のFinaLloyd(フィナロイド)は、プロペシアのジェネリック医薬品で、有効成分・フィナステリドを含有する男性型脱毛症(AGA)治療薬です。フィナロイドに配合されているフィナステリドは、毛根中の毛乳頭細胞にある5-α還元酵素の働きを阻害し、男性ホルモンであるテストステロンが、脱毛症の原因となるジヒドロテストステロン(DHT)へと変化するのを抑制し、髪の毛が薄くなるのを防ぎます。ジヒドロテストステロン(DHT)は、遺伝的な男性型脱毛症を誘発します。

よって、フィナロイドで5-α還元酵素を阻害しジヒドロテストステロン(DHT)へ変換されるのを妨げることは、男性型脱毛症の治療において有効です。フィナステリドは、5-α還元酵素への選択性があるため、他のホルモン系への影響による副作用が極めて少ないことも利点の一つです。また、フィナステリドは国内臨床試験において、改善率がプラセボ(偽薬)よりも有意に優れていることが確認されており、海外においてはフィナステリド1mg投与5年後の写真評価において、90%の患者で抜け毛の進行を抑える効果や改善効果のあることが認められています。
フィナロイドは、女性の方の服用はできません。本剤は、経皮吸収(皮膚からの吸収)があるため、女性の方は本剤に触れることのないようにご留意ください。

 

育毛師
フィナステリドの薄毛薬はオオサカ堂でフィナロイドを購入する事が一番安くで購入する事ができます

 

性欲減退のリスクが低い薄毛薬・デュタルボ(デュタステリド)もオススメです。

 

  デュタステリド 30カプセル 2000円〜

 

薄毛のお薬の副作用で一番こわいのが、性欲減退や性機能障害ではないでしょうか?
数%の確率でフィンペシアやフィナロイドに含まれるフィナステリドのお薬では性欲減退になる可能性があります。そのリスクを恐れながら、育毛生活をするのも大変だと言う方にオススメなのがデュタステリドです。

 

5α還元酵素のⅡ型のみを阻害するフィナステリドに対して、デュタステリドはⅠ型とⅡ型の両方を阻害します。加えて、血中のテストステロンを低下させないため、性機能障害の副作用が少ない薬剤と考えられています。

 

デュタボルブは、有効成分であるデュタステリドを含有するアボルブのジェネリック医薬品です。デュタステリドは、日本国内で承認されているザガーロカプセル・アボルブカプセルと同一の有効成分です。
デュタボルブは、男性ホルモンの働きを抑えて、肥大した前立腺を小さくし、尿の排泄を促したり、頻尿、残尿感などの症状を改善したりする薬です。また、男性型脱毛症(AGA)にも効果を発揮します。
デュタボルブに含有されている有効成分・デュタステリドは、テストステロンからDHT(ジヒドロテストステロン)に変換する酵素である5α還元酵素の働きを抑えることにより、血中や前立腺組織中のDHTの濃度を低下させます。肥大した前立腺を小さくし、尿の排泄を促したり、頻尿、残尿感などの症状を改善したりします。男性型脱毛症(AGA)の発現にはDHTが関与していると考えられているため、デュタステリドは男性型脱毛症(AGA)の治療にも有効です。
5α還元酵素のⅠ型のみを阻害するフィナステリドに対して、デュタステリドはⅠ型とⅡ型の両方を阻害します。加えて、血中のテストステロンを低下させないため、性機能障害の副作用が少ない薬剤と考えられています


フィンペシアを長く飲み続けていた方で耐性がついたのか効き目が薄くなったような気がしている方にもオススメで
一度試してみてください。

↓ ↓ ↓

 

ロイド・ラボラトリーズというフィリピン最大手の製薬会社
アメリカ・シンガポールを含めた世界6カ国に工場を構え本国では年間1億ドルを売上げる医薬品メーカーです。 医薬品の質がしっかりしている事でも有名でアメリカFDA(食品医薬品局)やWHOからの承認も受けた上で幅広い特許医薬品から、ジェネリックも開発・製造しています。

 

関連記事

 

 

 

副作用の少ないAGA治療薬

遺伝による薄毛を解消する方法

プロペシアの効果

薄毛になりやすいか?検査出来ます

 

 

 

 

スポンサーリンク

記事のURL をコピーする


 

Posted: 火曜日, 3月 31st, 2015@ 4:09 PM
Categories: AGA.
Tags: , , .
Subscribe to the comments feedif you like. You can leave a response, or trackback from your own site.

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)