小豆島に来てまーす!

こんばんわ!
今日は瀬戸内海にあります!
小豆島(しょうどしま)にきてまーす

転勤で高松市に来られた方には特にオススメのスポットです
フェリーで一時間で地中海のリゾート気分?
になれるとっても素敵なところです
(≧∇≦)

魚も美味しく、オリーブ、醤油、そうめん、いろんなグルメが豊富で
のんび〜りした、一周100キロ位の、見どころたっぷりの島です

男のボンドにご来店のお客様の中には
小豆島(しょうどしま)が出身の方や小豆島に転勤された方
そしてなんと、毎回フェリーを使って男のボンドにご来店のお客様もおられます
(=゚ω゚)ノ
ありがたや〜

今回の旅行は月曜日と火曜日を使って
僕の家族と両親と姉の家族も一緒に旅行してまーす(^O^)/
子供達がいっぱいで超騒音垂れ流し旅行です(笑)本当に楽しいし、親孝行になったかなー?^_−☆

髙松からフェリーで一時間☆

20140715-224234-81754158.jpg

屋上から見る地中海?じゃなくて
瀬戸内の景色も是非ご堪能下さい!

20140715-224234-81754683.jpg

20140715-224235-81755255.jpg

期待でわくわく!

20140714-231742-83862075.jpg

小豆島でお勧めのカフェレストラン
オリーブオイルの全国販売も大成功されています

20140714-231742-83862945.jpg

オリーブ農園のカフェ

20140714-231743-83863249.jpg

お姉さん夫婦!
良い顔してるわ〜

20140714-231743-83863556.jpg

もう何かウメー

20140714-231744-83864452.jpg

オリーブがしみ込むトーストに
オリーブのアイス
とにかく、オリーブが凄い!

20140714-231743-83863907.jpg

素晴らしい絶景あり

小豆島は一周100キロ位の島で
山と海の大自然を堪能出来る。

20140714-231740-83860164.jpg

ギネスに登録中の大観音様

でけっ!ご利益ハンパねーぞ!

小豆島の大観音様

お賽銭を入れる僕に母は

「そんなんしても、意味ないわ〜お金の無駄やわ」
「早く別のところに行こう〜」と
相変わらず自分の信仰する宗教以外の神様に牙をむく母でした(笑)

20140714-231740-83860543.jpg

寒霞渓という秘境にロープウエーを通し
四季を楽しめるようになっています!

20140714-231741-83861240.jpg

本当に見どころいっぱい!

200万年の歳月が作り出す 渓谷

寒霞渓

↑ 本当にキレイなのでチェックして下さい!

20140714-231740-83860875.jpg

今回の旅でお世話になった 松風 とい
 
民宿のような温かさのあるホテルで

食事が本当に美味しく・豪華でそして量も半端ないです!!!

お部屋は普通ですが、それがまた気持ちいい(^^)

小豆島のお勧めホテル松風

20140715-225504-82504718.jpg

子供 が 5人もいると、半端ない騒音でホテルの方々には相当な迷惑になった筈
(><)

20140714-231745-83865640.jpg

次の日は朝6時半起床!ガンガン遊ぶぜ〜笑

20140715-224230-81750257.jpg

海の潮が引いたときに現れる
エンジェルロードという一日に2回しか通れない道を
カップルで渡ることで、深い絆で結ばれる。

20140715-224230-81750622.jpg

とにかく気持ちい自然・・

今年の旅行がまだ決まってない方にオススメです!

ドライブするだけでも本当に楽しいです。

20140715-224232-81752886.jpg

20140715-224230-81750943.jpg

20140715-224231-81751818.jpg

20140715-224232-81752311.jpg

小豆島にある大阪屋という定食屋さん

20140715-224233-81753204.jpg
お手頃価格で楽しめる
海の幸。

小豆島の大阪屋

20140715-224233-81753604.jpg

一泊二日で
小豆島を2周して、家族で楽しめました。

明日からバリバリと良いお店創りに集中します!
楽しいと思えたのは、自然とやっぱり愛情のあるお店のお陰でした!!!!!!
勉強になりました。

20140715-224235-81755084.jpg

僕も姉も小さい頃に両親に連れられて、従兄弟(イトコ)とフェリーを使って旅行しました。
その記憶はもうないのですが、写真で子供の頃を懐かしむ事があります。

僕も姉も大人になり、大事な人がいて
そして家族があり、子供(いとこ)同士で遊ばせれて

ちょっぴり歳を取った
両親を労りながらの旅行で

「時代はまわるんだな〜」って感じて

嬉しいようで、ちょっぴり寂しいようで・・

1泊2日の短くも長い旅行は、永遠にはつづくことはないけど
永遠に続けば嬉しいな〜と思いながらも
やっぱりあっという間の旅行でした!

最後に子供が「将来、小豆島に住みたいよー」って言ってました。

君たちの人生はどんなになるんだろうな〜?

スポンサーリンク

記事のURL をコピーする


 

Posted: 月曜日, 7月 14th, 2014@ 11:26 PM
Categories: 未分類.
Subscribe to the comments feedif you like. You can leave a response, or trackback from your own site.

コメントを残す

CAPTCHA