男性型脱毛症の原因や治療方法について

男性型脱毛症の原因

 

 

全国で1000万人以上の人が発症していると言われる男性型脱毛症は、主に男性ホルモンが原因と言われています。
男性型脱毛症になった人の脱毛部分では、

 

ジヒドロテストステロンという男性ホルモンが大量に発見されています。
ジヒドロテストステロンというのは、テストステロンというホルモンと5αリダクターゼが結合することで変換されるホルモンです。
幼児期であれば、外性器を正常に分化するという働きを持っているジヒドロテストステロンですが、

外性器が完全に出来る思春期以降は前立腺肥大や男性脱毛症などを引き起こすやっかいなホルモンになってしまいます。

 

 

ジヒドロテストステロンは毛乳頭細胞にある男性ホルモンの受容体と結びつくと、

毛乳頭細胞の働きを阻害してヘアサイクルを乱します。
髪の毛は、成長期、退行期、休止期の3つのサイクルで生え変わるのですが、

 

これが乱れると、髪の成長が途中でストップして健康な髪が育たなくなり抜け落ちてしまうのです。
この作用が多くの髪の毛に起こることで、薄毛がどんどん進行してしまうのですね。

つまり、男性型脱毛症を治療するには、発毛を阻害するジヒドロテストステロンを生成しないことが第一になります。
そのためには、テストステロンと結びつく5αリダクターゼ還元酵素の働きを抑制する必要があります。

その効果を持っているのがフィナステリドという成分なので、

病院での治療方法は主にフィナステリドの内服薬を服用して症状を改善していきます。
また、中には薬だけではなく、マッサージなどで頭皮環境を改善しながら治療するところもあります。

 

当店で行われているヘッドスパと薬と養毛剤を組み合わせる事で更に

打倒AGAの期待ができます。
============

トップページはこちらです ←クリック

 

AGAをブロックする方法 ←クリック

 

 

 

 

AGA治療で副作用が出やすい人は?

 AGA治療の副作用が心配な方はまず口コミをチェック

AGAの詳しい治療情報

最近話題のプロペシアって何?

薄毛に悩んでいる方のフィナステリドに期待できる効果

AGAを検査する検査キッドとは

AGA治療で起こる副作用の原因について解説

AGAかな?と思ったら先ず試したいセルフチェック

男性型脱毛症の原因や治療方法について

AGA治療で起こる副作用の種類について

薄毛の治療を受ける前に知っておきたい治療法

AGA治療薬プロペシアに期待できる効果とは?

薄毛治療に効果的を徹底比較

薄毛は治せます!AGA治療の副作用の克服方法

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

記事のURL をコピーする


 

Posted: 土曜日, 12月 13th, 2014@ 12:04 PM
Categories: ホルモンと薄毛の関係, 未分類.
Subscribe to the comments feedif you like. You can leave a response, or trackback from your own site.

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)