色んな意味で騙されたーーー(><)

====

目次

====

 

本日はお休みを頂きまして
早速、京都発祥の鶏ガラスープの効いた、醤油ラーメン
家族で来来亭にいき、お腹一杯食べれました!最高に幸せですね。

来来亭 松縄店

 

最近、関西発祥のお店や人や物が続々と、四国に進出されています。

一つここで四国の皆様に気をつけて頂きたい

人たちがいますので、お知らせしておきます。

先ず僕が高松に来たのが
5年半前になります。それまでは兵庫県で10年間理容室で修行しておりました。

理容業界は技術を伝承する仕事柄
師弟関係や縦社会の部分が強くあります。
※男のボンドは結構ゆるい方です。。

 

僕が修行していたお店も縦社会の部分があったのですが
僕自身あまり社会人としてはかなり、なってない部分があり
技術以外にも精神的も叩き込まれ、何とかこうやって
お店つくりにお客様に愛され頑張って働くメンバーがいます。

最近とくに、今こうやって自分が頑張れているのも
先輩がたのお陰やな〜って思う事ってたんですが・・

先日の月曜の休みに・・
『心の底から腹が立ち!ダマされた!!!』
とっとても腑に落ちない、納得の出来ない事がありました。

 

月曜の休みにワザワザ関西から、僕の修業時代の先輩や後輩が
男のボンドに来てくれたのです。

 

大変嬉しい事の筈だったのですが
来る前の晩に無性に会いたくなくなり、体調も悪くなり
先輩に別の日にして欲しい旨をつたえたんですが

 

『それは困る!』とりあえず、何とかせい!というメールがあったので
気乗りのしないまま、月曜の再会の日を迎えました。

 

『あ〜やっぱり昔の仲間でこうやって会えるのは楽しいな〜』
と言っている所に

 

『ケケケケケケケケけっ』と高笑いをして
何とも柄の悪く
丸坊主で
全く不釣り合いな美人の若い奥さんと子どもを連れた・・

 

僕がこの世で一番会いたくない
声も聞きたくなく
僕が関西からワザワザ、四国へと海を越え逃げて来た原因の一つでもある

 

あの、恐っろしい、大先輩が
男のボンドに入ってきはったんです!

 

僕が修行時代にしこたま、シゴカレ
仕事中に何度も叩かれ
やっと解放されると思いきや、帰りの飲み屋で一晩中 説教されるという・・

悪夢のような修業時代の思い出です

 

僕の一番苦手な先輩が隠れて一緒に来て
僕を脅かしにきてたんです(涙)

 

その光景を他の先輩や後輩が大笑いするという
関西のローカル尼崎の
一番タチの悪い、遊びをして喜んでるんですよ(><)

 

『もう最悪や〜昨日晩、急に体調悪くなったんは、
本当にこの不吉な再会を知らせる合図やったんかーーーー』
※ 僕本間に運と勘が良いので、こうゆう嫌な予感で本間に体調悪くなるなるから、自分の心の声に素直に生きているのです

そして、一番会いたくない、僕が一番恐れて、着信拒否までしている先輩だけには
絶対に会いたくないと、その事を伝えた先輩が実はグルで
『藤本こんな事メールしてきよったで(笑)』
『カラかいに行ってやろか!笑』

多分こんな会話を裏でしてはったんやと思う
本間に関西人!尼崎の柄の悪さがでてるわ〜
ともう二度と尼崎に近寄らないと、心に誓った
100回目位の出来事なんですが(笑)

 

ここからその日の僕の試練が始まったのだ

 

皆が遊びに来てくれるとて、準備していた
庵治町にある山田屋という、何とも雰囲気のある
うどん屋さんが香川県にあるのだが
そこに皆で勿論その僕が一番苦手とする大先輩も一緒に
行く事になっている。

『アカン!まじで 吐きそうや(><)』

そのお店まで25分位、その先輩のところで働く
モデル風の男前スタイリストとドライブしたんだが
車の中でもその男の子が、『そんなに苦手なんですね〜』って笑いながら
人の苦手なこと嫌がってる事を喜ぶ関西の血が十分に入っとる。。

 

そして
うどん屋についたら、結構こんでいたので
10人を越える団体になるとお席を二つにわけさて頂きますという

店員さんのナイス提案が最大のチャンスで
その先輩と絶対違うテーブルに行こうと思っていたら

 

他の先輩が『お前○○くんと食べろや。折角やねんから・・』と
最後の最後まで人の苦しむのを楽しんでいる。。。

 

勿論、縦社会では先輩の指示は絶対で『はい』というしかない。

 

同じテーブルで、僕が一番恐れて、四国にくれば一生会わずに済むと思っていた
8年ぶりに会う先輩と一緒に席に付き
飯が喉に通るわけがない

 

勿論その美味しい山田屋さんで
一番小さなきつねうどんを頼んだのも、そういう理由からだ

 

その先輩と先輩には似合わない位奇麗な美人奥さんや
後輩夫婦はとっても美味しそうでボリュームのある定食を楽しそうに食べていた

 

しかし!!!!!!!!!!!!!!!!

 

僕が腹を立てたのは

僕が会いたくないと伝えたのに、その気持ちを踏みにじってでも
笑える事をとるという、関西人のノリに腹を立てている訳でもなく

 

先輩の奥さんがキレイ過ぎる事に腹を立てている訳でもなく

 

あれだけ、来来亭が好きだといっているのに、天下一品のラーメンをお土産にする
そのユニークさに腹を立てている訳でもない

いつもいつも温厚だと高松で有名な私藤本が、苛立ったのが
修業時代に僕をケチョンケチョンにしごき上げてくれたその先輩は
3店舗の理容室を運営する経営者なのだが

 

経営者や社長、起業家、事業を興すものとして

絶対に

絶対に

絶対に言ってはいけない事
そういう物の見方をすると繁栄しない
それどころか、落ちぶれていくであろう言葉を連発する訳ですよ!

 

僕は『ウソだろ???』って最初は笑ってたんですが
あまりにも腹が立ち、口答えを初めてして、しかもそんな風に言っては駄目ですよと
初歩的な事の話をしたのだ。

 

絶対に言ってはいけない事
を覚えている中で3っつピックアップすると

● お客さんの悪口

● 上手くいってる人、成功者にたいして、人の道を外れた事をしているという、ひがみからくる悪口

● 俺は商売人じゃないねん。お店は道楽でやってるねん!だから儲けれなくてもしゃーないねん。

 

この三つは絶対に 経営者や社長が言ってはいけないどころか
死を意味するような言葉である

 

※ お客さんの悪口を言うなんてもってのほか、百歩譲って気の合わない人がいるかもしれないけど
そういう人へも最高の物を提供する事で、理容師としてもレベルアップできる
また本当にお客さんに非がある事だったら、改善できるアイデアを出す事が経営者の仕事

※ 成功者が皆『人の道を外れた事をする』という意見には愕然とした
それなら、刑務所に入ってる人は皆、社会的に成功者だったのか?
明らかに、今こうやって僕たちが楽しく生活できるアイテムは全て、成功者のお陰ではないのか?

※ お店を出した時点で、商売人なんだよ!!!!
たまに商売人じゃないねんって言う弱気なお店の人がいてるが、産まれてきた時点で商売人なんていません。お店をだしお客さんに価値を提供しその対価で料金を頂く。そのお店やシステムを作った時点で商売人なんだよ!努力と行動と知恵を振り絞るのが経営者であり商売人であり、あんたなんだよ!!!!!!!

 

目を覚まして下さい!!!!

ってマジ思って、昔の面影のない、何ともへニャチン野郎に心底腹が立ち苛立を感じました。

本当に!

で最後にその先輩に『藤本にあって、気合い入ったわ!』って言われました。

オイオイ、まじか?と。

 

かなり僕はショックだったんですが
帰り道、先輩のお店のイケメンスタイリスト君に話を聞いてると
先輩の事をかなり慕っている訳ですよ。

 

そして週休2日というビッグ企業なみの待遇で
しかもその子、コルベット乗ってるんです(笑)
『儲けてるやないか!』としかも週休二日で幸せを感じまくってるんです!

 

でヨクヨク考えると
僕の精神的な部分で育てあげてくれた、本当に厳しかった先輩が
そんな弱っちい人になるか〜?と。。。

 

そんな人が若くてキレイな奥さんとお店が3っつもあり、ピッカピカに光った
ポルシェを乗り回している。
週休二日という、何とも活な待遇で
オン、オフ切り替えまくってる!

そんな事が、へニャチン野郎には出来る訳がない?

 

別れの最後に『俺のHPみてな〜面白い事やってるから〜』
と満面の笑みで言われた。。

それで僕は気づいた

 

『アカン!これは騙された!』
さっきまで言ってた、経営者や商売人として
言ってはいけない言葉をあえて、僕に言う事で
へニャチン野郎を演じて、僕のガードをさげまくって
油断させまくって、最後の最後に何とも気になるような一言をいって

 

自分のHPに誘導させるという、これまた関西人が考えだしそうな
最高な嫌がらせや!
面白い事(お店が発展すること)をあえて言わず、
相手を油断させまくって、ガードを下げた所にカウンターを仕掛ける

 

完全な『罠』や!見破ったぞ!!!
とその瞬間に悟ったわけなんです
ピッカピカのポルシェに
イカした奥さんに
週休二日とれるて
お店を3店舗

ノリに乗ってるやないか!!!!!と

 

僕をしこたま震え上がらせながら、指導した先輩が
実はこんなに、落ちぶれたんだよ〜と装って
自分のホームページを見せつけ、ビクッリさせるという巧妙な罠を

 

大掛かりな人数で、ワザワザ四国まできて
演出するという、関西人の特に尼崎に住むAB型の柄の悪い人が考えだしそうな事や!

 

はたまた、修業時代はやり過ぎてごめんな〜という
謝る事の照れ隠しで、へニャチン野郎を演出してくれたのかもしれない。。。

 

取りあえず、そんな事はもうどーーーでもいいので
一生、先輩のHPは見るかい!と腹に決めました!

精神的にグラグラになってしまうわ(笑)

と今日は育毛に全く関係ないお話になってしまい
逆に僕のストレスが溜まって、脱毛してしまいそうな話になってしまったので
今日はココアを飲んでもう寝ます!

ココアは頭皮や元気な髪を育ててくれて、肌の老化を抑えてくれます!

 

僕の修行時代の嫌な体験は、有難い事とは裏腹に

とっても苦い経験として印象に残っているのかもしれません…

ですがその辛い経験を乗り越えからこそ、素敵な人生になるのかもしれません

 

これは育毛にも同じことが言えます。健康な頭皮の事を考えると

最初はいつもと違う生活パターンや習慣を余儀なくされ、辛く面倒に感じるかもしれませんが

その面倒ではあるけども、頭皮や髪の事を考えると、貴方の将来の髪の毛を守る事、第一歩になるかもしれません。

 

こちらの目次から一つずつクリアし、貴方の髪を守る新習慣として

取り入れてみてはいかがでしょうか???

 

====

目次

====

 

 

スポンサーリンク

記事のURL をコピーする


 

Posted: 木曜日, 10月 30th, 2014@ 2:18 AM
Categories: 未分類.
Subscribe to the comments feedif you like. You can leave a response, or trackback from your own site.

コメントを残す

CAPTCHA