長寿遺伝子を活発にさせて、髪を保つ方法

こんにちわ。
まだまだ暑さが続きますが、もうすぐに9月ですね。
時が経つのが早すぎる~( ;∀;)

 

こう感じると、老化現象が始まっているようです(笑)
そんな老化現象と闘いながら、髪を守り抜く方法を今日は
お伝えします
(‘◇’)ゞ

 

=====

レスベラトロールで老化からの薄毛を克服

=====

 

薄毛になる原因として「老化」という原因も
かなりのウエイトを占めています。

 

老化というのは、年齢的なことから、外部原因として
紫外線なども老化を促進する影響となります。

 

この老化から私たちの大切な髪を守る鍵が…

 

長寿遺伝子や抗老化遺伝子とも言われる
この遺伝子を活発にさせる事です

 

この長寿遺伝子を活発化させる事で、元気な髪を保つ事ができるのです。

一つ目が、飢餓状態を意図的につくる事です。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

「お腹空いた~お腹がグウグウ」となるレベルまで我慢してから
食事を摂ると、長寿遺伝子が活発化し、細胞レベルで元気になります

 

お腹が空いた状態を何日も我慢する訳でなく、
細胞レベルで、身体に必要なときに食事をするのです。

 

その目安に「お腹をぐうぐう」と鳴らしてから食べると、細胞が元気になります。

 

二つ目の方法として
レスベラトロールという成分をとる事で
長寿遺伝子を活性化させる事ができるのです。

 

レスベラトロールというのは、ポリフェノールに含まれている成分で
赤ワインやリンゴの皮やブドウの皮ピーナッツの薄皮、
グァバジュースなどに含まれています。

 

長寿遺伝子を活性化し細胞を元気にする事で
頭皮も元気になり、イキイキとした髪の毛を成長させます。

 

では今日の要点をマトメルと
老化現象で髪が細くならないように
体内の細胞を元気にする事が大切

 

細胞を元気にする為。

 

① お腹をグウグウと鳴らして、お腹が空いてから食事をする。

② 赤ワイン・リンゴの皮・ピーナッツの薄皮なども、意識的に摂る

鍵は、ポリフェノールに含まれる
レスベラトロールです(‘◇’)ゞ

 

 

PS

 

メルマガやってます!登録して毎日実践する事で

必ず貴方の髪が元気になります



 

男のBONDのメルマガ

 

 

 

スポンサーリンク

記事のURL をコピーする


 

Posted: 火曜日, 8月 18th, 2015@ 10:06 PM
Categories: 髪の増やすブログ.
Subscribe to the comments feedif you like. You can skip to the end and leave a response. Pinging is currently not allowed.

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)