髪の毛が薄くならないか、心配な方へ、遺伝子検査を活用する方法

薄毛遺伝子検査キットの結果

薄毛遺伝子を検査して活用する方法

img_7103.jpg

 

こんにちわ
男のBOND 藤本です。

今日は「薄毛遺伝子についてです」

薄毛になる確率を
DNAで調べる検査があります

この検査は遺伝子を解析して
薄毛遺伝子いわゆるDNAをもとに、どれくらい
薄毛になる確率があるのかを知る事で
将来の抜け毛や薄毛を未然に防げます

男性型脱毛症といっても、女性にも有効な検査です。女性でも体内に男性ホルモンをもっていて、バランスが崩れることで、抜け毛などが多くなるケースがあります。

薄毛遺伝子が
どれくらい影響するのかを
このDNA検査で調べることができます。

また、ただいま薄毛進行中のかたも
この検査をすることを強くオススメします。

薄毛や抜け毛の対策として
頭皮からは
男弾むシャンプー
髪弾む養毛剤を付ける

身体の中からは
ミノキシジルタブレット
フィンペシアをとることが有効なのです。

ミノキシジルタブレットとフィンペシア
ダブルで飲むのが効果的ですが

薬での治療は検査してからが良い

まず身体の中のAGA遺伝子がどれ位あるのか?
を調べてそれから、その度合いに合わせて
お薬の強さを決める事をお勧めします。

詳しく言いますと
AGA遺伝子が強くて薄毛が進行しているケースには
フィナステリドを強く、ミノキシジルタブレットは少量にする

AGA遺伝子が少ないが薄毛が進行している場合には
ミノキシジルタブレットを選ぶ

フィナステリドは弱めにする。

 

などの貴方の身体にあった薬のチョイスをすることができます。

 

 

 

AGA検査のご説明

AGAの検査
遺伝子検査のご購入はこちら

ご購入はこちら
ご自宅で、育毛されたい方には
こちら

ご自宅での育毛

疑問などありましたら、お気軽にご連絡下さい

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

記事のURL をコピーする


 

Posted: 月曜日, 10月 3rd, 2016@ 11:54 PM
Categories: 未分類.
Subscribe to the comments feedif you like. You can skip to the end and leave a response. Pinging is currently not allowed.

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)