AGAや男性型脱毛の克服、皮膚科の薬に頼る、副作用や費用は?

AGA

とは Androgenetic Alopeciaの略で 「男性型脱毛症」、薄毛になる症状の事で原因にもなります、遺伝します。

「薄毛は遺伝する」と言われる理由はこのAGAが遺伝するのです。

薄毛になる原因として、AGAがありますが、その他にも頭皮の汚れや炎症、ストレス過多、不摂生などから

更に抜け毛を加速させてしまいます。

 

 

今日は薄毛になる原因の一つである

「AGA」について考えてみたいと思います。

 

AGA症状の頭皮にはDHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンが高濃度にみられるようです。

この男性ホルモンはもとは「テストステロン」という誰もがもっているホルモン物質ですが

頭皮の毛乳頭や皮脂腺
中でも『DHT』が髪の成長を妨げる事が最大の原因と言われています。

この原因物質により、髪の成長期間が短くなり、成長途中で抜け落ちて、髪が細くなるのです。

 

このDHTの働きを弱めて、薄毛の原因を体の中から

体質改善するためにつくられたものが、「プロペシア」です。

「DHTの働きを弱める」というのを詳しく言いますと。

 

男性ホルモンであるテストステロンをDHT(ジヒドロテストステロン)へ変換する酵素(5アルファ還元酵素)を阻害し

「DHTの働きを弱め」結果として、薄毛を解消してくれます。

 

勿論、一度飲むと毎日飲み続けないと、いけません。飲むことをやめると、また薄毛へと

進行します。

 

処方してもらう場所は、皮膚科内科などで処方してもらえます。

また男のBOND 藤塚店の隣の、阿部内科クリニックでも処方してくれます!

阿部内科クリニック 

詳しくは藤本もしくは、藤塚店スタッフまで。

 

この体の中から体質改善し、薄毛を克服しながらも

頭皮を健やかに保つ為に男弾むシャンプーで、ストレスフリーにしながらシャンプーし

髪弾む養毛剤で地肌力を付ける!これはとっても大切!

詳しくは こちら⇒ 男弾む

と、隙あらば男弾むシャンプーを宣伝してしまう、藤本でした(*´∀`*)

 

 

そしてAGAの薬も

やはり副作用はあります。薬というのは、飲み続けると、副作用リスクをもつ事になります。

だから、慎重に考えてから行動してください。

副作用として言われている事は、

性欲減退&突起不全&肝機能障害などの報告はあるようですが、症状は軽く、発症率も数%らしいです。

いってしまえば、男性としての能力は少し衰えるかもしれませんが、遊び過ぎの方には

この機会に色々と更生できるかもしれませんねヽ(・∀・)ノ

そこの貴男!!!

 

 

もうひとつのリスクは

先程も言いましたが、一度飲むと飲み続けないといけません。

服用を停止すると、髪の成長も弱まります。

 

大体、病院で処方してもらうと、

8千円~1万3千円程かかります。

この価格で毎月購入するのは、しんどいけども…

 

 

それでも良い!そんなリスクよりも

体の中から、薄毛体質を変えたい、克服したい!あとは費用の心配だという方には

ネットで海外からジュネリック商品で購入する事もできます。

 

アイドラッグストア

オオサカドウ

 

飲み薬に抵抗がある場合は亜鉛などのサプリメントから始める事をお勧めします。

亜鉛の説明はこちら

 

 

 

PS 昔なにかお薬の内容成分が書かれているものがあったので

調べていると、石油系界面活性剤が含まれていたものがありました。

錠剤をつくる過程で、混ぜ合わせる必要があり、界面活性剤が含まれていたのだと思います。

 

石油系の界面活性剤といえば…

嫌いな人にはとっても有名なもので、一昔まえのシャンプーなどには多様されていて

僕たち理美容師の肌を荒らしていた成分ですね(# ゚Д゚)

 

薬も一時的には大切なものですが、飲み続ける事は

リスクを増やす原因にもなるようですね…

その判断は、自分にとっての優先順位だと思われます!

 

PS  AGAのお薬は男性の限定で、女性や子供の服用は認められていません。

 

 

AGA の薬に頼らない 克服

 

 

スポンサーリンク

記事のURL をコピーする


 

Posted: 土曜日, 1月 25th, 2014@ 9:37 PM
Categories: 未分類.
Subscribe to the comments feedif you like. You can leave a response, or trackback from your own site.

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)