AGA治療で起こる副作用の種類について

AGA治療の副作用

 

 

どんな薬であっても、薬効成分によって症状を改善したり緩和するのですから、

その影響によって副作用が起こります。

 

AGA治療の場合だと、主にプロペシアやミノキシジルを使いますが、これらの薬にもそれぞれに副作用があります。

 

プロペシアは前立腺肥大症の治療のために開発された薬ですが、

服用していた患者さんに多毛症の副作用が認められたことから、AGA治療のための研究が進められました。
そして現在はAGAの治療効果がある薬として認められていますが、

この薬には男性ホルモンによる脱毛の症状を改善する効果があります
また、脱毛症状をストップさせることで、毛乳頭細胞の働きを正常化して発毛の効果も得ることができます。
男性ホルモンへの作用が強いからこそAGA治療に効果があるものの、

その作用によって男性の性機能に障害が出るという副作用を持っています。
性欲減退や勃起不全などが主な副作用ですが、

長期にわたって使用していると肝機能にまで障害が起こることもデータによって判明しています。

 

ミノキシジルは、強力な血管拡張作用によって血液の流れを良くしたり、

毛乳頭細胞の働きを活性化して健康な髪の成長を促進します。
この薬はもともと高血圧治療薬として使われていましたが、

プロペシアと同様に多毛症の副作用があったため、現在ではAGA治療薬として使われています。
ただし発毛が期待できるほど血行を促進するため、血圧が不安定な方だと低血圧になる副作用が起こります。
また高血圧治療をしている場合だと、薬との相乗効果で血圧が下がりすぎてしまう危険性があります。

AGA治療で副作用が出やすい人は?

 AGA治療の副作用が心配な方はまず口コミをチェック

AGAの詳しい治療情報

最近話題のプロペシアって何?

薄毛に悩んでいる方のフィナステリドに期待できる効果

AGAを検査する検査キッドとは

AGA治療で起こる副作用の原因について解説

AGAかな?と思ったら先ず試したいセルフチェック

男性型脱毛症の原因や治療方法について

AGA治療で起こる副作用の種類について

薄毛の治療を受ける前に知っておきたい治療法

AGA治療薬プロペシアに期待できる効果とは?

薄毛治療に効果的を徹底比較

薄毛は治せます!AGA治療の副作用の克服方法

スポンサーリンク

記事のURL をコピーする


 

Posted: 土曜日, 12月 13th, 2014@ 12:05 PM
Categories: 未分類.
Subscribe to the comments feedif you like. You can leave a response, or trackback from your own site.

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)