《薄毛薬の副作用》知っておこう!AGA治療の副作用の克服方法

=============

育毛フルサポート
=============

薄毛薬であるAGA治療薬の効果

40代 男性のAGA治療薬(フィンペシアミノキシジルタブレット
を服用し頭皮用シャンプーとAGAを抑える養毛剤を使用してます。

 





約1年間で頭頂部やおでこの薄毛部分の男性型脱毛の髪を増やす事ができました。

 

ですから、現在ハゲや薄毛状態になっている人も、何とかなりますので、ご安心ください、
ただし闇雲にお薬や育毛剤に頭皮シャンプーを購入するのではなく、貴方にあった育毛方法で効果的に髪をやすコツをお伝えしますね。

 

また薄毛の薬を飲まれている方も、これから薄毛薬にチャレンジしたい方も
副作用を軽減する方法についても知っておいてください。

 

薄毛薬の種類

 

薄毛薬として代表的なものは2種類あります。

一つ目は発毛効果が高いミノキシジルタブレット(ミノタブ)です。
ミノタブは発毛薬とも言われる位、かなりのスピードで髪が
増えます。

30代男性のミノキシジルタブレットと頭皮のケアで髪が
半年程でみるみると増えてくれました。



ミノタブは最強の薄毛薬だ!なんて話しもありますが
実は発毛させる為に開発されたお薬ではありません。

高血圧を抑えるための血圧降下剤なのです。

ミノタブの副作用の軽減方法についてはこちらをご覧ください



発毛薬と言われるミノタブの副作用を軽減する方法

 

もう一つの薄毛薬はフィナステリドという成分が含まれた
男性型の脱毛を軽減するお薬です。

 

このお薬はミノタブほどの発毛力はありませんが
脱毛原因を抑えてくれるので、徐々に髪が増えていき

 

飲み始めて1年位で効果が出てきて、約3年飲めば
9割の人に効果が現れるお薬です。

 

プロペシア、フィンペシア、フィナロイド、デュタステリドなどが
その薄毛薬の代表です。

 

このフィナステリドが含まれている薄毛薬も
飲み続けなければいけないので
容量を多く摂り過ぎていると、副作用のリスクが高まります。

こちらの薄毛薬の副作用を軽減する方法も参考にして下さい。

 

薄毛薬の副作用を軽減する方法

 
フィナステリド デュタステリド ミノタブ
性欲減退 性欲減退 体毛が濃くなる
体重増加 肝機能障害 動悸・いきぎれ
乳がん  勃起不全 腎臓障害
射精障害 射精障害 むくみ
疲れやすくなる 高カリウム結晶
肝機能障害 肝機能障害
うつ病 副作用が少ない 頭痛
 
5α還元酵素のⅠ型のみを阻害するフィナステリドに対して、デュタステリドはⅠ型とⅡ型の両方を阻害します。加えて、血中のテストステロンを低下させないため、性機能障害の副作用が少ない薬剤と考えられています。
正しい育毛生活で頭皮の健康と身体の健康を手に入れましょう。



薄毛薬のAGA治療の副作用克服

 

副作用というのは、基本的には薬の服用を中止すれば、

少しずつですが症状を改善していくことができます。
しかし、薄毛薬を用いたAGA治療の場合だと、男性の機能が低下したり性欲が減退したり、

肝機能障害など比較的、重い副作用が起こるため、中止してもなかなか改善出来ません。
またAGA治療と言っても、薄毛薬の作用によってジヒドロテストステロン(DHT)の生成を抑制しているだけなので、

 

服用をやめてしまえばまた元の通り薄毛になってしまいます
この状態にならないためには薬を飲み続けるしかないものの、

副作用が起きてしまうのも嫌ですから、克服方法を知っておく必要があります。

 

 

まず男性機能の低下に関してですが、一番大事なのは男としての自信を失わないようにすることです。
薄毛になるとどうしても自分に自信がなくなり、自然と女性からの視線を避けるようになってしまいがちです。

 

こういったことを続けながら、しかも薄毛薬によってDHTが抑制されると、余計に男性機能が低下してしまう可能性があります。
漠然とした克服方法になってしまいますが、

女性への興味は常に忘れず、薄毛でも自信をもって常に異性を意識するように心がけましょう。

 

育毛師
AGAの薬は直接的に男性ホルモンを低下させる成分ではないですが、前立腺(男性の生殖器の一部)に影響するお薬 が元になっており、約1パーセントの割合で性欲減退となる副作用が現れる場合があります。

《薄毛薬の副作用》AGA  治療 肝臓を守る方法

 

肝機能に関しては、肝臓の働きをサポートするタウリンを積極的に摂取してください。
タウリンは牡蠣など魚介類に多く含まれているので、3食のうち1回は食べるようにするのもいいですし、

 

サプリメントでも摂取できます。



 

 

また、手のひらの中央部分には肝機能をアップするツボがあるので、

こまめに刺激すると肝機能改善につながり、副作用も軽減するのに効果的です。


 

肝機能の改善になるツボは手を握った時に中指があたる場所で、手の平の真ん中付近にあるツボです。
手の平をギュッと握っただけでも、「老宮」というツボを刺激する事ができるので、ゆっくり、気持ち良い強さでグー・パー・グー・パーしてみてください。

簡単にに肝機能アップができますし、ストレスや精神的な疲れにも効果があります。
イライラ・不眠・憂鬱な時は老宮を押してみてください。

 

ごく稀に(約1%)AGAのお薬の副作用で、うつ病になる人もいるそうなので、AGA治療にチャレンジする場合は身体と心のメンテナスはしっかりとしていきましょうね!

 

薄毛薬によるAGAの副作用に効果的なビタミン

 


 

ビタミンは体の毒素や薬物から摂取した不純物を体内から排出する役目があります。
その中でもビタミンCの働きは驚くほどに驚異的です。

 

現代社会はストレスも多く、紫外線にあたる事でも体内のビタミンCが不足しがちになります。

そこで、粉なのビタミンc(アスコルビン酸)を定期的に、AGAのお薬を服用する方は
1日1000mg〜2000mgのビタミンCをとる事がオススメです。

こちらにも詳しく書いておりますので参考にして下さい。

 

AGAの副作用を軽減するビタミンC

 

AGAの薬の副作用で体毛が濃くなる事はあるのか?

 

プロペシアやアボルブの成分であるフィナステリドには、「多毛」の副作用はないと言われています。

このフィナステリドは、AGAの主な原因となる男性ホルモンの一種、DHT(ジヒドロテストステロン)の生成を妨ぐことで、AGAの薄毛を抑える飲むお薬です。

 

ですが、このDHTには、薄毛の原因になると同時に頭部以外のヒゲや脇毛、すね毛などの体毛を濃くする働きが見られます。

そのため、頭髪の脱毛に繋がるDHTの生成を抑止するAGAの薬を服用すると、「多毛」の原因となるDHTが減少して体毛も濃くならないはずですが

実際にAGAの薬やアボルブなどによって体毛が濃くなったというお客様の声がありますので

AGAの薬によって、体毛が濃くなるという副作用は一部の方にあるのではないかと思います。

 

AGAのメカニズムと薄毛薬の効果

 

男性型脱毛症(AGA)は、思春期以降に髪の毛が徐々に細くなり、ヘアサイクルで髪が生えてきても抜けた髪よりも細い髪が生えてくる、髪の成長を阻害する働きがAGAにあるので、徐々に髪が細くなる症状です。
※いきなり髪が抜け落ちるのではなく、徐々には細くなり、髪がしっかりと伸びるまでに抜けてしまう。

 

AGAの脱毛はこめかみの上から始まり(m字部分)、生え際の後退により特徴的な「M字」パターンとなる。また、頭頂部の毛髪は細くなり、薄毛や禿髪となる。

 

女性の場合には「女性男性型脱毛症」と呼ばれる。男性のパターンとは異なり生え際のラインは変わらずに頭頂部・前頭部を中心に頭部全体の毛髪が細くなる。完全な禿髪になることは稀である。

 

 

男性ホルモンの量×頭皮の皮脂腺にある(5αリダクターゼ)

 

この二つが結びつく事で髪を脱毛する働きがあるDHTに変換されます。このDHTは頭皮(皮脂腺)と前立腺にあります。

 

男性ホルモンと5αリダクターゼどちらか一方だけでは薄毛にはなりにくいのです。

 

例えば体毛が濃く筋肉や体格がしっかりしている人は男性ホルモンが多いと言われていますが、ハゲになる人と髪がフサフサな人がいます。

 

この理由は、男性ホルモンの量が豊富でも、頭皮(皮脂腺)にある5αリダクターゼという酵素が少なく、二つが結びつかない事で
髪の脱毛には繋がらないのです。

 

その逆で男性ホルモンが少ない人でも、頭皮(皮脂腺)にある5αリダクターゼという酵素が多い人は、ハゲになりやすくなります。

 

一番危険なのは男性ホルモンが多く、頭皮(皮脂腺)にある5αリダクターゼも多い人は
かなりの確率で薄毛になります。

 

ですから、頭皮からの育毛剤で5αリダクターゼを阻害するエキスが含まれている育毛剤を選ぶ事と体の中からも男性型の脱毛を阻害するお薬を飲む事が一番、AGAを予防する事ができます。

 
AGAのお薬は体内の前立腺にある5αリダクターゼを予防
養毛剤は頭皮の5αリダクターゼを予防
 

AGAのお薬は多くの方の髪を増やす事ができていますが、その裏では副作用に悩む人たちがいるのも事実です。全ての人に副作用があるわけでなく、出来るだけAGAの副作用を予防する方法もありますので
ぜひ参考にして下さいね。

育毛師
薄毛薬を使用したAGA治療は3っつの場所で行う事ができますので、ご自身にあった道をお選び下さい。


 

1、皮膚科や内科でフィナステリドの薄毛薬を処方してもらう

2、発毛クリニックで医師のもと、治療をおこなう(お薬を使って)

3、自宅で頭皮ケアとAGAの薬を輸入しておこなう
※ ご自身で輸入するのが難しい場合には、当サロンにて安全な輸入代行をする事ができます。

 

一番お金がかかるのは2番の育毛クリニックで医師のもと発毛させて行く事です。ただし血液検査などをするので
もし肝臓や腎臓の数値などが悪化した場合にはすぐに使用を中止できて薄毛薬を使ったAGA治療副作用を最低限に抑える事ができます。

 

ただし、病院やクリニックだから、自宅で育毛するよりも髪が増えるというわけでなく、自宅でも正しい育毛をする事で髪の毛は増えますし、脱毛を抑える事ができます

 

40代男性のAGAを自宅での育毛で克服されています



※しかもこちらのAGAになった男性は薄毛薬などを飲まずに、養毛剤と頭皮用シャンプーだけで髪を増やす事ができました。おおよそ1年間でこのように髪が増えました。

 

男性型の脱毛は大体が母方からの遺伝が強いようなので、もし母方が薄毛家系なら
AGAの遺伝がるのかどうかを調べる事もオススメします

 



 

自宅でAGAを予防する薄毛改善方法

 

40代男性 AGAを予防するお薬と、頭皮ケアで見事に髪を増やしています。やはり頭皮からの育毛と、身体の中からのお薬を使うのが効果的です。

 

育毛師
病院で処方されるAGAのお薬と、自宅でAGA予防するために、オオサカ堂でお薬を購入するのとでは、増毛の効果はかわりません


 

またそれ以上に、病院だけのお薬に頼るのではなくて、しっかりとご自宅でも頭皮のケアや育毛活動をする事で
効果的に髪を増やす事ができます。

 



 

AGAのお薬を購入する方法

 

フィナステリドというのは、男性ホルモンからの抜け毛をブロックするお薬の成分です。

 

フィナステリドが含まれているお薬は

代表的なもので

プロペシアです。

 

プロペシア←の注意事項が厚生労働省から説明

一般の病院 内科や皮膚科などでも処方されますので

お近くの病院に「AGAのお薬はありますか?」とお問い合わせ下さい。

 

実費で、病院により料金も変わります。

だいたい月に、1万~2万程かかります。

 

安くで発毛効果のあるお薬を仕入れるには?

 

ご自身でネット通販をすると、3ヶ月で4000円位とかなり安く仕入れる事が可能です。オオサカ堂からご購入下さい。

ご参考までにURLを張り付けておきます。

プロペシアと同成分のフィナロイドです。

 

ちなみにこのプロペシアは、
有効成分であるフィナステリドの作用によって、
男性ホルモンが脱毛の原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)へと変化するのを抑制し、薄毛をふせぐという男性専用のお薬。

今回ご紹介したいジェネリック医薬品も、
このプロペシアと同じく、フィナステリドを配合しDHTを抑制する、まるで同じ作用というわけです。

しかもかなり安いです。

ジェネリックって素晴らしい!!

※ 一箱 30錠タイプと一箱100錠タイプがあります。

また一箱で購入するよりも、3箱で購入した方がより安いですが、先ずは一箱から試してはいかがでしょうか?

10日前後で国際書留郵便で届きます

 フィナロイド

↓ ↓ ↓

LLOYD LABORATORIES社のFinaLloyd(フィナロイド)は、プロペシアのジェネリック医薬品で、有効成分・フィナステリドを含有する男性型脱毛症(AGA)治療薬です。

フィナロイドに配合されているフィナステリドは、毛根中の毛乳頭細胞にある5-α還元酵素の働きを阻害し、男性ホルモンであるテストステロンが、脱毛症の原因となるジヒドロテストステロン(DHT)へと変化するのを抑制し、髪の毛が薄くなるのを防ぎます。ジヒドロテストステロン(DHT)は、遺伝的な男性型脱毛症を誘発します。よって、フィナロイドで5-α還元酵素を阻害しジヒドロテストステロン(DHT)へ変換されるのを妨げることは、男性型脱毛症の治療において有効です。

フィナステリドは、5-α還元酵素への選択性があるため、他のホルモン系への影響による副作用が極めて少ないことも利点の一つです。

また、フィナステリドは国内臨床試験において、改善率がプラセボ(偽薬)よりも有意に優れていることが確認されており、海外においてはフィナステリド1mg投与5年後の写真評価において、90%の患者で抜け毛の進行を抑える効果や改善効果のあることが認められています。

フィナロイドは、女性の方の服用はできません。本剤は、経皮吸収(皮膚からの吸収)があるため、女性の方は本剤に触れることのないようにご留意ください。

10日前後で国際書留郵便で届きます

↓ ↓ ↓
 

効果

男性における男性型脱毛症の進行遅延

※効果には個人差がありますことを予めご了承ください。
※本剤の効果が確認できるまで通常6ヶ月は継続してください。

 

副作用

肝機能障害(食欲不振、全身倦怠感、皮膚や粘膜の黄変)

射精障害、性欲減退などの症状が現れる場合があります。
その他、なにか異変を感じた際は速やかに医師の診察をお受けください。

 

  デュタステリド

5α還元酵素のⅠ型のみを阻害するフィナステリドに対して、デュタステリドはⅠ型とⅡ型の両方を阻害します。加えて、血中のテストステロンを低下させないため、性機能障害の副作用が少ない薬剤と考えられています。

 

↓ ↓ ↓



 
デュタボルブは、有効成分であるデュタステリドを含有するアボルブのジェネリック医薬品です。デュタステリドは、日本国内で承認されているザガーロカプセル・アボルブカプセルと同一の有効成分です。

デュタボルブは、男性ホルモンの働きを抑えて、肥大した前立腺を小さくし、尿の排泄を促したり、頻尿、残尿感などの症状を改善したりする薬です。また、男性型脱毛症(AGA)にも効果を発揮します

デュタボルブに含有されている有効成分・デュタステリドは、テストステロンからDHT(ジヒドロテストステロン)に変換する酵素である5α還元酵素の働きを抑えることにより、血中や前立腺組織中のDHTの濃度を低下させます。肥大した前立腺を小さくし、尿の排泄を促したり、頻尿、残尿感などの症状を改善したりします。男性型脱毛症(AGA)の発現にはDHTが関与していると考えられているため、デュタステリドは男性型脱毛症(AGA)の治療にも有効です。

5α還元酵素の2型のみを阻害するフィナステリドに対して、デュタステリドはⅠ型とⅡ型の両方を阻害します。加えて、血中のテストステロンを低下させないため、性機能障害の副作用が少ない薬剤と考えられています。

効果
前立腺肥大症
男性における男性型脱毛症

※効果には個人差がありますことを予めご了承ください。
副作用

性機能不全(リビドー減退、勃起不全、射精障害)

肝機能障害、黄疸などの症状が現れる場合があります。
その他、なにか異変を感じた際は速やかに医師の診察をお受けください。

 

購入手続きが面倒な方へ

男のボンドにメールでご連絡頂ければ

ご登録の面倒な作業一切なしでご購入する事ができます。

輸入のトラブルに巻き込まれる事もありません。

その際にはこちらにご連絡下さい



お名前

郵便番号

ご住所

電話番号

ご連絡から1週間〜2週間程で海外から直接、ご指定のご住所に届くようになります。

料金はお振込かお店にご持参頂く形になりますが、手数料などで通常よりも高くなることはありませんので

ご安心下さい。

 

 



 

 

AGA関連記事

 

AGAの薄毛に効果的な育毛剤はこれだ!

AGAのセルフチェックの仕方

副作用の少ないAGA治療薬

遺伝による薄毛を解消する方法

プロペシアの効果

薄毛になりやすいか?検査出来ます

AGA治療で副作用が出やすい人は?

 AGA治療の副作用が心配な方はまず口コミをチェック

AGAの詳しい治療情報

最近話題のプロペシアって何?

薄毛に悩んでいる方のフィナステリドに期待できる効果

AGA治療で起こる副作用の原因について解説

男性型脱毛症の原因や治療方法について

AGA治療で起こる副作用の種類について

薄毛の治療を受ける前に知っておきたい治療法

AGA治療薬プロペシアに期待できる効果とは?

薄毛治療に効果的を徹底比較

薄毛は治せます!AGA治療の副作用の克服方法

 

 

 

スポンサーリンク

記事のURL をコピーする


 

Posted: 土曜日, 12月 13th, 2014@ 1:35 PM
Categories: AGA, 薄毛 薬.
Tags: , , , , , .
Subscribe to the comments feedif you like. You can leave a response, or trackback from your own site.

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)