育毛・AGA治療方法に関することやその原因を徹底解説!【超必見】

育毛・AGA治療方法に関することやその原因を徹底解説!【超必見】

 



 

男性の永遠の悩みといっても過言では無い、頭髪に関する悩み。

今ではかなり医学も昔に比べて進んでおり、AGA(男性型の脱毛)に関して理解する事で大体の問題が解決できるようになってきました。

そういった頭髪に関する治療法があることは知っているけど、
育毛やAGA治療法に関しては、あまり詳しいく知っている方も少ないという場合が多いです。

 

ということで、今回は頭髪が気になり始めてきた方のために、
育毛やAGA治療に関して分かりやすくまとめてみました。

 

是非ともこれから、一刻も早く髪を元気にしたいという方は
参考にして下さい。

 

その前にお客様の育毛成果についても参考にして下さい


 


 


 

<この記事はこんな人におすすめ>
● 最近頭髪が薄くなってきて悩んでいる方
● 育毛やAGA治療に関して詳しく知りたい方
● その原因を解明して改善策を知りたい方

AGA”男性型脱毛症”の原因


AGA(Androgenetic Alopecia )とは、
男性型脱毛症の略語で主に思春期を過ぎた後に遺伝的に頭髪が薄くなっていく現象を指します。

原因としては、遺伝の他にも

男性ホルモンの作用
現代病(ストレス・生活習慣・栄養不足等)

なども挙げられますね。

この症状はある程度、DNAで決まっていますので、先ずは

どれくらい男性型の脱毛をしやすいのかを、調べる事で、お薬を服用した方が良いのか?
もし服用する場合には、フィンペシアor ミノキシジルタブレットなのか

を決める参考材料となります。

 

良かったらこちらのAGAドッグというDNA検査もお勧めします

 

以下からAGAの原因について、詳しくみていきましょう。

 

AGAの原因①:男性ホルモンの作用

男性ホルモンとは、主に男性の睾丸から分泌されるホルモンのことで、別名テストステロンとも呼ばれています。

この男性ホルモンが血液を通して、体を巡り頭皮に達する事で髪が抜けてしまう原因となってしまうのですね。

AGAの治療では、主にこの男性ホルモンと5αリダクターゼという酵素が

 

かけ合わさって、より強力なDHT(ジヒドロテストステロン)という、抜け毛に影響する
より強力な男性ホルモンとなります。

 

このAGAと5αリダクターゼの結び付きを抑えて、抜け毛予防できるお薬が、フィンペシアなのです。

 

このAGAを予防するフィンペシアは男性ホルモンを抑制する訳ではありませんが

副作用として、1パーセント未満ですが、性欲が低下したり、精子の量が減ってしまったりすると言われています。

ですから先ほどもご紹介したAGAドッグでどれくらい、AGA遺伝子があるのかを知ってから

適正量で服用するのが望ましいでしょう。

 

こちらに詳しく薄毛予防となる薬についてご紹介しています



フィンペシア

 

AGAの原因②:遺伝


良く親が禿げていると子も禿げると言われますが、実は科学的にはこれはハッキリとは証明されていません。

ですが、確率的にその原因が高いということが言われているため、その関係性は極めて重要だと言えます。

親もしくは叔父が禿げている場合に(自分ももしかしたら…)と思うのは、あながちハズレでは無いんですね。

 

また全ての方に言えるわけではありませんが、体毛が濃くて筋肉質な人は薄毛になりやすいとも言われています。

これは男性ホルモンが活発に働いている人に、薄毛になりやすいという関係性が、全てではありませんが

影響します。

 

薄毛になる原因は

男性ホルモンの量×5αリダクターゼという酵素の量+生活習慣+頭皮の血流+老化現象+ストレス

例えば、男性ホルモンが少ない、いわゆる草食系の男性でも、5αリダクターゼの酵素が多いタイプだと

十分に薄毛になる可能性があります。また生活習慣やストレス・老化現象などにより

男性型脱毛だけでなく、他の薄毛原因で抜け毛が増えて、ハゲの状態になります。

 

AGAの原因③:現代病(ストレス・生活習慣・栄養不足等)


基本的に人間の髪の毛は、「ヘアサイクル」と呼ばれる一定したサイクルで一生を通してなんども生え変わっています。

● 成長段階3年〜7年

● 後退期 半年この時期に、根元に新しい髪が生えて、先に生えている髪は徐々に抜けにかかります。

● 休止期 髪の成長が止まっている時期(半年)

このヘアサイクルは、人間のホルモンバランスと密に関係しており、普段の生活習慣が悪かったり、過度にストレスを感じてしまう毎日を過ごしていると、

成長段階の髪が途中で後退期になり、髪が徐々に細くなる事があります。

その他にもタバコやお酒の飲み過ぎなども、ヘアサイクルが乱れる原因の一つになりうるので注意が必要です。

 

そのヘアサイクルがしっかりと行われているか?

ヘアサイクルの邪魔になるような角質が頭皮に出来てないか?

そういった事を調べるには頭皮チェックが有効です。

こちらの動画も参考にして下さい



AGAの治療方法

AGAの治療法としては、主に

● 市販の育毛剤や頭皮用シャンプー
● AGAクリニックでの治療
● 自宅で海外からの輸入でお薬を購入

の3つに分かれます。
ドラックストアなどに市販されている、リアップやサクセス等を利用された方も多いと思いますが
実際にはAGAクリニックへ通った方が効果的です。

AGAクリニックでは、以下のような治療の流れによって個々にあった治療法が施されます。

<AGA治療の主な流れ>
問診/カウンセリング
写真撮影
問診・採血
処方/ホームケア
次回来院

 

育毛シャンプーや育毛剤だけではハゲになっている状況から挽回するのはかなり難しいのです。

こちらのお客様は養毛剤と頭皮用シャンプーでこのように髪が増えています




 



頭皮ケアは本当に大事なのですが、薬を服用する事でAGAによる薄毛に

かなり効果的に育毛する事ができます。

薄毛のお薬としては男性型の脱毛を軽減するミノキシジルタブレットとフィンペシアがあります。

 

 

市販に販売されているAGA薬品は、あなたに合ったものとは限りませんのでより効果を求めるのであれば、
AGA専門のクリニックへ通った方が良いでしょう。

AGAの発毛対策

ここでは個人で普段から気をつけておいた方が良い、AGAの発毛対策について以下にまとめてみました。

頭皮を綺麗に保つ
バランスの良い食事を取る
適度なストレス発散を行う

AGAの原因となる、遺伝や男性ホルモンに関しては個人でどうにかするのは難しいですが、普段の生活習慣などは気をつけておけばAGA対策にはなるので、是非とも実践してみてくださいね。

それでは以下から詳しく解説して行きます。

 

AGAの発毛対策①:頭皮を綺麗に保つ

毎日しっかりと髪を洗うことは、頭皮を綺麗に保つことになり頭皮環境を整える事に繋がります。

頭皮環境が悪いと頭髪の育成の妨げになってしまうので、出来るだけ毎日髪を洗うようにしましょう。

といっても洗い過ぎも、頭皮に必要な油脂を全て洗い流してしまう原因になるので、1日に2回も3回も洗わなくて結構です。

また、利用するシャンプーも刺激が強いものは避けて、出来るだけ肌に優しいものを利用するようにしてくださいね。

 

最近では育毛シャンプーが多く発売されていますが

実際に上手に使いこなせていない方も多くいらっしゃいます。

しっかりと泡だてて、地肌に良いエキスを頭皮に到達させる事がとても大事です。

いくら良いシャンプーを購入していても、地肌に泡がついてなければ意味がありません。

 

頭皮を健やかに健康にするシャンプー方法をこちらに載せておりますので参考にして下さいね




 

このようなシャンプー方法をする事で、地肌を元気にする、育毛シャンプーの
ポテンシャルを引き出す事ができるのです!

 

それから育毛シャンプーといっても、色々な種類があり過ぎてどれが良いのかも

迷ってしまうと思いますので、私が実際に使ってみて、プロの立場から

検証してみましたので、良かったら参考にして下さい。

育毛シャンプー選び←こちらから

 

AGAの発毛対策②:バランスの良い食事を取る


私たちの体は、私たちが普段口にする食べ物によって出来ています。

それは髪の毛も同じで、普段の食事のバランスが偏ったりしていると、いくらAGAクリニックで最適な治療法を施しても、

健康な髪を育てる事が出来ません。

細かい栄養素を算出するなどして、神経質になる必要性はありませんが

バランス良く栄養素を摂りましょう。

 

その中でも、髪の毛の構成栄養素である、タンパク質は一番重要です。

その他にも重要な栄養分はあります。それぞれの働きもピックアップしておきますので

足りてない物があれば意識的にとって下さいね。

● 亜鉛・・タンパク質の合成を促す成分です。髪や頭皮をつくる際に亜鉛の働きが必要になります。

● ビタミンB・・頭皮の代謝を促す成分です。

● ビタミンC・・体内のコラーゲンの合成に影響します。頭皮の細胞分裂の修復にコラーゲンが必要になっています。
年齢と共にコラーゲンを生成できない身体になり頭皮のハリがなくなり、細胞が傷ついていくと髪の毛細分裂の力も
弱くなりしっかりとした髪が生えにくくなります。

● オメガ3脂肪酸・・細胞分裂や成長に大切な栄養素です。サーモン、ニシン・マグロ・イワシなどの魚やナッツ類にも含まれています

こういった髪に良い食事の方法について、詳しくのせておりますので
良かったら参考にして下さい



髪に良い食事療法と食べ物について

 

AGAの発毛対策③:適度なストレス発散を行う

 

過度なストレスはAGAの抜け毛を加速させます。ストレスはあらゆる身体の不調の原因となりますが
頭皮の血流を悪くするのもストレスの原因の一つです。

 

頭皮の血流が悪くなると、髪に栄養が行き届かずに、まずAGAで抜けやすくなっている髪に
ダメージがいきます

適度な運動習慣を持っていることも発毛対策となるのです。ただし過度な運動や
争いごとに参加すると男性ホルモンが増強されて、薄毛になりやすい人には
悪影響になりますので、適度な運動を心がけましょう

 

運動によって直接的にストレスが軽減されるだけでなく、身体の血液の巡りやリンパの流れが良くなり
頭皮も活発になりより発毛促進の好循環となります。

 

AGA治療で使われる主な薬

AGA治療のためにクリニック等でよく使われている薬品としては、以下の3つがあります。

ファンぺシア
プロペシア
ミノキシジルタブレット

それぞれ特徴が違うため、分かりやすく以下から解説していきますね。

AGA治療薬①:プロペシア

 

長期で服用すると効果が分かりやすい、1年〜3年ほどかけて抜け毛を予防する事で
髪を元気にしていきます。

 

基本的にはAmazonやドラックストアなどには販売されておらず、
AGAクリニックや病院での処方でしか手に入れることができません。

 

有効成分は「フィナステリド」という成分です。保険は適用されませんので
病院でも違いがありますが、月に約7000円〜1万3000円ほどかかります。

 

また、気になる副作用等も軽減する飲み方をしっかりと行えば、
ある程度気にすることなくご利用いただけます。

 

フィナステリドを軽減する服用方法

 

AGA治療薬②:フィンペシア


AGAの薬の中でもとてもポピュラーな薬品の一つ「プロペシア」の
有効成分であるフィナステリドが同量だけ含まれていて、フィンペシアは海外から個人輸入する事で
価格を大幅に下げる事ができます。

 

また海外からの輸入だと心配だという方もおられますが、私も実際に輸入して安心して通販出来ておりますので
信頼できる業者から購入する事をオススメします。

フィンペシアの有効成分が本物なのか?を調べてみました。こちらの動画ですが
良かったら参考にして下さい




AGAクリニック等ではよく他の薬と併用して、処方されることが多くその効果は、
男性ホルモンと結びつく5αリダクターゼを抑制して抜け毛を予防することが期待できます。

ただ、男性型脱毛(AGA)ではない人には効かないケースがあるので利用する際には、
1年ほど試しで服用しつづけるか、先ほどもご紹介したAGAの検査キッドで調べる事もオススメします

 

AGA治療薬③:ミノキシジル




髪の毛を生やす効果があると期待されているAGA薬品「ミノキシジルタブレット」。
このミノキシジルタブレット の効果は凄くて早い方で3ヶ月目くらいから半年位では
明らかに髪が増えているのがわかりますね

 

ミノキシジルの働きとしては、主に2つあり血行促進と毛母細胞の活性化が挙げられます。
ここでいう毛母細胞とは、毛穴の中にあります、髪の根元の事です。

 

頭皮の血の巡りを活発にしてくれるので育毛や発毛にはかなり効果が期待できます。
しかし薄毛の薬ではなくて、正式には高血圧のお薬なのです。

 

ですから服用の際には飲み合わせや、副作用の知識についても知っておく必要があります。
その点についてはこちらで詳しく載せておりますので

参考にして下さい



ミノキシジルタブレット の副作用や効果について

 

AGA治療薬の副作用

AGAは男性の4人に1人が発症する進行型の薄毛と呼ばれていますが、意識はしていても対処している人は少ないんですね。

 
種類 副作用の発現率 症状
プロペシア
プロペシアのジェネリック
1%未満 ● 性欲減退
● 肝機能障害
● 精液量減少
ザガーロ 17% ● 性欲減退
● 勃起不全
● 精液量減少
ミノキシジル配合の外用薬 8% ● かゆみ
● 蕁麻疹・皮膚炎
● 発疹
ミノタブ 3〜8% ● かゆみ
● 初期脱毛
● 発熱・動悸・むくみ・頭痛
カルプロニウム塩化物配合薬 3.5% ● 発汗・悪寒
● 刺激症状・かゆみ・接触皮膚炎
 

AGAの治療薬を利用されない方の理由の一つとしてはAGA薬品の「副作用」が気になる方も中にはおられます。

 

AGA薬品での副作用は、だいたい平均して1割〜2割程度で起こると言われており、
扱っている薬品の殆どは特別に起こりやすいものではありません。

 

私どものサロンで使われているお客様も、今のところ殆ど、副作用の報告はありません。お一人だけ
ミノタブ を服用していると動悸があったので、途中で使用を中止された方はおらました。

 

というのも、私たちが普段使っている薬には何かしら副作用が含まれている場合が多いので、
そこまで過度に気にする必要性はないという事です。

 

因みに副作用はどんな薬でも2〜3割ほどは出るため、AGA治療薬が特別危険な薬ではないという
判断がなされているので、クリニックでは処方されているのです。

 

また、それでも副作用が気になる方は、かかりつけのAGAクリニックでしっかりと診断してもらい、
血液検査などと照らし合わせて、肝臓の数値なども確認しながら
薄毛薬を服用されても良いかと思います。

 

AGAの治療期間と費用


AGAの治療に必要な期間は、最短で6ヶ月〜1年間が必要とされます。
そして治療後も毎月1回の通院と、処方されたAGA薬品を毎日服用しなければいけません。

AGA薬品として処方された薬を飲むのを中止すると、また薄毛は進行してしまうので、
現在の医療では実質薄毛になりたくない人は一生飲み続けないと行けないことになります。

 

また薬を服用しながら頭皮ケアを行う事もとても重要なのですが
頭皮ケアも怠ると、髪は細くなってしまいます。
健康を維持するのに、毎日の生活習慣が大事なように
育毛活動の継続がとても重要です。

 

基本的には治療終了は個人の希望によるのですが、明らかに目で見て実感するには半年は必要だという事を覚えておきましょう。

また、中には2〜3ヶ月程度で効果が実感できると思って、
市販のAGA薬品を試した方がおられますがそういった方も半年は様子を見ないことには、
その効果があるかないかは分かりません。

そして気になるAGAの治療にかかる費用としては、一回の診察あたり約15,000~17,000円(初診時は+3,000~5,000円)とされています。

これはあなたが利用するAGAクリニックにもよるのですが、
プランによっては注入治療などを行うと一回の支払いがプラス約50,000円〜100,000円される場合も。

 

「AGA治療=高い」という認識があるとは思いますが、実際に高いのでご利用される方はお財布との相談も必要になってきますね。

 

もしくは自宅での頭皮ケアと、個人輸入で薄毛薬を購入して
髪を増やす方々があります。

この場合の月々の費用について調べてみますね。
商品名 価格 1ヶ月の価格
ミノキシジルタブレット 4000円 1333円
フィンペシア 4000円 1333円
育毛シャンープー 4400円 1466円
養毛剤 5700円 1900円
合計 18100円 6032円
このように自宅でのケアをメインにすると、月の出費は6000円とかなり
経済的で、この価格だったら続けれそうですね!

 

こちらにも詳しくのせておきます

本当に地肌にオススメの育毛シャンプーは!?

育毛剤のオススメランキング

AGAや育毛に関する良くあるQ&A

ここではAGAや育毛に関する良くある質問について、詳しくまとめてみました。

それぞれAGA治療に関心がある方には、とても参考になる内容なので是非とも目を通してみてくださいね。

 

Q1:AGA治療でも毛がはえない場合はありますか?

元から毛穴がない場合と、脱毛してからかなり時間がかかっている場合は、AGA治療を行っても生えない場合が多いです。

といっても、その効果はかなりの人が実感しているので、あまりにも気になっている方は、ご利用をおすすめします。

 

Q2:1度だけでもAGA治療は可能ですか?

実質可能なのですが、AGAクリニックでのAGA治療を目に見て実感するのには、最低でも半年は必要です。

頭皮の状態確認や、どのようなAGA薬品が自分に適しているのかを知るだけだったら、一回の診察での良いかもしれませんが、より効果を実感したいのであれば、6ヶ月は通うようにしてみてくださいね。

また、「AGAの治療期間と費用」の章で詳しく解説しているので参考にしてみてください。

 

Q3:10代でもAGA治療は受けれますか?

基本的には発毛治療で扱っているAGA薬品は、未成年の方には使えないようになっています。

ですので、頭皮の状態確認などの診察はできるかもしれませんが、具体的なAGA治療は受けることができません。

 

Q4:AGA治療に健康保険は使えますか?

頭皮に関する治療は健康保険では、適応外になっています。

ですので、実質全額負担となりますね。この辺りも、AGAクリニックでの治療が高いとされる要因の一つといっても過言ではありません。

 

Q5:市販の育毛剤はAGAに効果ありますか?

市販の薬でAGA進行予防を考えているなら、色々な種類がありすぎて困ると思いますが

育毛剤でも色々な種類があります。

● 頭皮の血流を高める系の育毛剤

● 老化現象からの薄毛に対抗する育毛剤

● AGAの薄毛に対抗するエキスなどなど。

こちらに詳しく、種類別でご紹介しています



AGAにオススメの育毛剤はこちら

 

AGAの治療は早期対応が鍵を握る!

AGAの治療は早ければ早いほど良いとされており、逆に進行が進み過ぎてからクリニックへ通っても手遅れになってしまうケースも少なくありません。

そうならないで良いように、しっかりと気になる方は早期対応する事をおすすめします。

もちろん、最終的には個人の判断なのでそこは自由意志なのですが、出来るだけ若々しい髪型で長くいたい方は、早めに対策を取るようにしてくださいね。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

記事のURL をコピーする


 

Posted: 月曜日, 6月 17th, 2019@ 12:25 AM
Categories: AGA, 育毛.
Subscribe to the comments feedif you like. You can leave a response, or trackback from your own site.

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)