フィンペシアを服用する人は献血できないの?

 

 
 
 
 
 
 

フィンペシアを服用中に献血できるのか?

フィンペシアを服用すると成分が胃や小腸で吸収され

血液に溶けて肝臓を通り全身に作用するのですが

その効果を知るために血中濃度を調べる事ができます
血中濃度とは、血液中にくすりの有効成分がどの程度含まれているかを表しています。
血中濃度がある一定量に達して、初めて効果が表れます。 一方で、血中濃度が上がりすぎると、副作用を生じることがあります。
 

フィンペシアを服用しつづけていても

服用をやめると、1日でもとの血液の状態にもどります。


参照プロペシア錠

 

ですから、フィンペシアのお薬を服用しても、1日あければ献血しても大丈夫だと思われている

方も多いのですが、実はフィンペシアの服用を中止してから

献血出来るまでに1ヶ月間必要です。日本赤十字社に確認しました。

 

当日服用していても献血できるお薬はこちらです

ビタミン剤
ミネラル剤
漢方薬
非ステロイド系抗アレルギー薬
抗ヒスタミン薬(セレスタミンを除く)
高脂血症治療薬
胃腸薬
予防薬としての抗潰瘍薬
低用量ピル
少量の女性ホルモン等(更年期障害や月経困難症等の補充療法)
局所投与の薬物(点鼻・点眼・吸入・外用)
便秘薬
降圧薬

 

アシスタントA
全てのお薬が献血できない訳ではないのですね〜


 

さらに詳しく、献血する時に、服用していてはいけないお薬や

お薬をやめてから3日間またなけばいけないお薬などの

ガイドラインがこちらに書かれているのでご覧になって下さい

こちらの日本赤十字社のサイトをご覧になって下さいね

 

フィンペシアのお薬は何故、献血が出来ないの?

 

フィンペシアは先ず絶対に女性が触れてはいけないお薬で

もし妊娠中の女性がフィンペシアに含まれる有効成分である

フィナステリドが体内にはいってしまうと

 

胎児に奇形が及ぶなど大変危険な副作用がでる可能性があるのです。

フィンペシアに含まれるフィナステリドは

元は前立腺肥大症のお薬として開発されていたのですが
前立腺肥大症とは?前立腺の病気のなかでもっとも多くみられる病気です。
この良性前立腺腫大は尿道を取り囲む部分で発生するため、
尿道が圧迫され狭くなることで、尿がでにくい、トイレの回数が多くなる、
尿をしたあとすっきりしない、などの自覚症状があらわれます。
 

ホルモンに関係するお薬で、フィンペシアを服用する人のお薬を

女性や子供輸血すると大変な事態になる可能性があります。

 

また前立腺肥大症を抑制する食べ物として
穀物、大豆などに多く含まれるイソフラボノイドがあげられますが

 

イソフラボノイドは女性ホルモンの作用があると言われています。

そして薄毛の人も女性ホルモンを投与すると、抜け毛や脱毛が軽減されます。

 

フィンペシア は何故薄毛に効果的なの?

 

フィンペシアに含まれるフィナステリドは直接

男性ホルモンに影響したり、女性ホルモンを増やすようなお薬ではないのですが

男性型の脱毛は体内に5αリダクターゼという男性ホルモンと結びつき

強力な薄毛を誘発するジヒドロテストステロンへ変換されます。

 

この結びつきを阻害し薄毛になりにくくしてくれるのです。

薄毛に効果的なフィンペシアについてさらにこちらで詳しく書いておりますので

参考にして下さい。

 

フィンペシア

 

 
 
 
 
 
 
 

 

男性型の脱毛を軽減する育毛剤ランキング

 

スポンサーリンク



 

スポンサーリンク

記事のURL をコピーする


 

Posted: 木曜日, 12月 6th, 2018@ 1:08 AM
Categories: フィナステリド, フィンペシア.
Tags: .
Subscribe to the comments feedif you like. You can leave a response, or trackback from your own site.

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)