血糖値の改善で育毛する方法・頭頂部の髪も元気になっています!



 

写真だとわかりにくいかもですが、頭頂部の育毛で

髪が元気になっています。

県外からお越しのお客様です。

 

毎回へアスタイルをご担当させてもらいながら

髪が元気になるのが嬉しい!と実感しております。

薄毛になる原因の一つで

 

血流不足というのがあります。血流不足になる事で薄毛になる人が年々増えています

糖尿病・高血圧・メタボなども薄毛に影響します。

今日は血流改善として髪を元気にする方法について学びましょう。

 

血液の中にブドウ糖の濃度が高くなる事を、高血糖と言います

 

私たちが生活する上で、心臓、肺などの臓器や、身体を動かす筋肉などの全身の細胞組織を働かせるためにエネルギーが必要です。
私たちが口にする炭水化物(米、パン、麺類など)が主原料で、その中に含まれる糖質が
エネルギーの元になります。

 

糖質は体内でブドウ糖に分解され、腸壁から吸収され、血液にのって肝臓におくられます。
そしていったん肝臓に蓄えれれて全身へと送り出さられます。

 

食事をすると、食べ物の中の糖質が小腸から吸収され
血液中のブドウ糖がどんどん増えて血糖値がグングン上昇します。

 

そしてブドウ糖を臓器などに吸収するように膵臓からインスリンが分泌されます。
インスリンが正常に分泌されていれば糖は血液中に必要以上に残ることなく肝臓や筋肉などに運ばれエネルギー源として消費されます。インスリンは血液中の糖の量を調整する働きをしています。

 

しかし急激な血糖値の上昇を繰り返していると、インスリンの働きがよわくなってしまい
、血液中のブドウ糖を代謝できなくなりブドウ糖が増え続け、高血糖の状態になってしまうのです。


血糖値の上昇が高いものは空腹時に

● ジュースなど

● 炭水化物

● 菓子やケーキ

炭水化物や糖分などの影響で急激な血糖値の上昇があります。

 

高血糖が長く続くと糖によって血液が固まりやすくなり毛細血管が詰まりやすくなります。
また、コレステロールが血管壁に付着しやすくなり動脈硬化が進行し

髪に栄養がいきにくくなり、薄毛やEDの原因にもなります。

 

育毛方法・血流を悪くさせない生活習慣

 

血流を悪くさせずに、健康的な髪を維持するためには
食事、運動、睡眠がとても大事です。

 

そこまで激しい運動をする必要はありませんが、全身運動やウオーキング
そして筋トレをする事はとても大事で

 

筋肉を動かし収縮する事で、血液は心臓の方にむかって押し流されて
血液循環が効率よくスムーズにながれるようになります。

 

定期的にジムに通う事やトレーニングは長続きしにくいですよね。

 

そこでオススメの自宅で手軽に

体調を整えれて、全身の血流を改善する方法がストレッチです。

ストレッチは関節を曲げ伸ばししながらそのパーツの筋肉全体や近辺の筋肉にもアプローチできるので

広い範囲で血行促進となります。
 

 

またデスクワークだから血行が悪くなるのは仕方ない。というご意見もありますが

室内の仕事でも血流を高める工夫はありますよ

例えばラジオ体操なんかも、定期的に行う事で運動不足の解消と血流アップにもなります
 

 

血液をキレイにする事で髪も元気になる



髪の毛は全て血液からの栄養でできておりますので

食事の内容も大事ですし

糖尿病や高血圧になると

血の巡りが悪くなり髪の毛にも影響します。

 

余談ですが、私も血の巡りに油断しておりまして

30代という若さで中折れを経験してしまったのです。

そのままほっておいたら、確実にEDにもなっていたでしょう

それを克服する方法についてはこちらを参考にして下さい



EDやインポテンツ にならない方法

 

そして今の時代油断すると、贅肉がついてしまう(><)

運動不足になってしまう(><)

という人が多いと思いますので

血の巡り、細胞を元気にする食べ方についてお伝えしますね!

細胞を元気にすることは、髪の健康にもつながりますから

日々の育毛生活にお役立て下さいね

最近の研究によって、それが科学的にも明らかになってきました。
細胞の元気さは人によって差があり、その差に「長寿遺伝子」が深くかかわっている事が分かっています

 

そして老化が早く進むと、身体の細胞が弱り、髪に必要なコラーゲン量も減ってしまい、薄毛になりやすくなります。
この老化による薄毛は男性も女性も共通して言える事です。

 

長寿遺伝子とは、最近発見された老化のスピードをコントロールする遺伝子こと。

 

いつまでも細胞が元気な人は、この「長寿遺伝子」が活発に働いていることがわかり、注目されています。
そしてこの長寿遺伝子は、特別な遺伝子ではなく、自分の努力、工夫で働きが左右されるのです
髪にも影響する長寿遺伝子をONにするには?



簡単に言うと

カロリー制限をする事です。
カロリー制限なんていうと、難しく感じて、嫌気を感じるかもしれませんが(笑)

 

安心してください。難しいダイエットの事ではありません。

「 お腹をぐうぐうと鳴らせる 」ただこれだけの事で、老化現象を抑えて、薄毛対策になります

何だか馬鹿げた話に聞こえるかもしれませんが
このお腹がグウグウと鳴るには、非常に重要な事で

この空腹でお腹がなるのは、空腹期収縮という強い胃の収縮があるのです。

この収縮を受けて、小腸でもつぎつぎに収縮が起こり
強く収縮することで、中にあるものを絞り出すように先へ先へと運んでいるわけです。

そして、このような強い蠕動(ぜんどう)運動の結果、胃や小腸の中が空っぽになる。
つまり、グーと鳴るとき、お腹の中では大掃除が行われているのです

 

もっと詳しくいうと
空腹期収縮は90~120分間隔で繰り返し起こることが分かっています。
このような消化管の運動を調節しているのが、十二指腸から分泌される
『モチリン』という名前のホルモンです

 

モチリンが増えると空腹期収縮が起こって、
グーとお腹が鳴り、空腹感を覚える。
しかし、しばらくすると血中のモチリンが減るため、空腹感が消えて行きます。

 

また食事ができず栄養がとれないとき

細胞は自身のタンパク質を分解してそれを栄養素とします
この事がオートファージーと言われています。

食べ物が制限されることでオートファジーがおこると

飢餓に備えて細胞内に溜まった老廃物を分解してエネルギーにするので

いわば「細胞の掃除」がおこなわれ細胞が活性化します。

 

食事制限をずっと行うのは、かなり大変ですよね。私から育毛の為に提案したいのは
1日のうち1回でよいので、お腹をグウグウ鳴らす状態をつくって欲しいという事です。

 

そしてお腹がグウグウ鳴ってすぐに食事を摂るのではなく、鳴り止む頃まで待って下さい
細胞の中で不要な老廃物が分解されて、お腹が空く現象が和らいできます

 

これこそが細胞が元気になる
長寿遺伝子がロックオンされた証拠なのです。

 

ダイエットと捉える事なく
お腹がすいてグウグウいうと

十二指腸からいま「モリチン」というホルモンが分泌され
胃の収縮運動が始まったな!

 

胃腸と細胞の大掃除が始まって
今、身体の中から若返ろうとしているんだ!!!髪にも良いし、薄毛対策になっていると前向きにとらえて下さいね!

 

血管にダメージを与えない食事方法

 

先ほども言ったように、髪の毛は全て血液からできており
血管がもろくなっていたり、血液の流れが悪くなると

薄毛やEDの原因にもなります。

なので、細胞の状態をよくする為に先ほどのお腹をグウグウ鳴らす食事制限をして

 

その次に食事を摂るわけですが、ここでも一工夫があると更に
体や血管を元気にする事ができます。

 

健康を意識した食生活にしなければ老化現象や生活習慣で血管はもろくなって、血流も悪化し
薄毛を加速させてしまいます(><)

 

血管を傷める原因として、血糖値が急激に上昇する事が原因の一つです。

 

血液に含まれるブドウ糖が高い状態を高血糖と言います。
高血糖の状態は血管へのダメージを与え続けており、
血流が悪くなり血糖が長く続くと糖によって血液が固まりやすくなり毛細血管が詰まりやすくなります。
また、コレステロールが血管壁に付着しやすくなり動脈硬化が進行します。

 

でもこのような血管へのダメージは生活習慣や食生活から
簡単に改善できますので、一緒に育毛生活に取り入れてみましょう!

 

その食べ方が、早食いしない、炭水化物や糖分の前に野菜などから食べる

覚えておいてホントにそんがありませんよ。先ほどのようにお腹がグウグウなった後に

食事を摂ると、あまりにもガッついて食べてしまう人がいますが、それはよくありません。

あまり噛まずに、がつがつ食べるとこれまた、血糖値の急上昇につながります。

それを避ける為に、よく噛みながら食事をする事で
噛むことで満足感がわき、体にとって必要な量だけで満腹感がえられて、メタボなどの
生活習慣の予防にもなります

 

食事の順番も

前菜→サラダ→スープ→肉料理→炭水化物

というような流れにすると、血糖値の急激な上昇を抑える事ができます。

 

血糖値が急上昇すると、身体に様々な悪影響があります、急激な血糖値の上昇を
血糖値スパイクとも言われているのですが

 

急激に血糖値の上昇が有害物質の活性酸素が発生し、血管内部をボロボロにしてしまうのです。
その傷を修復する働きで血管の内側の壁が厚く硬くなり血栓がきます、
血栓で血管が詰まりやすくなるので重大な病気へと発展します。

 

詰まる位置が心臓に栄養を供給する血管なら心筋梗塞に、
脳の血管なら脳梗塞を発症することになってしまいます。
また血糖値を下げる為にインスリンの過剰分泌を繰り返すと、メタボや体重増加に繋がり
ますます、頭皮や髪にも悪影響となりますし

大腸ガンのリスクも3倍以上と高くなるようです。

 

先ほどの食べる食材の順番と
よく噛んで食事をする事で、血糖値の上昇を抑える事ができます。

 

頭皮からも血流を高める方法

 

このように、日々の体質改善と血流アップが

健康な髪を育てる鍵だったりします。髪の毛はすべて血液からの栄養で

育っている事を忘れないで下さい。

 

そして体質だけでなく、頭皮でも血流を高めて、

細胞を活性化させて、髪に栄養がいきやすい地肌にする事はとても大事です。

手軽なマッサージ方法としてこちらの

育毛マッサージがオススメです


そしてこの育毛マッサージで一緒に使うとさらに

頭皮の活力を育てるアイテムがあります。それが

男弾むシャンプーと髪弾む養毛剤です

 


男弾むシャンプーには

● 地肌を元気にするグリチルリチン酸2k

● 血流を高めるセンブリエキス・グルコシルヘスペリジン

● 不健康と頭皮が硬くなる原因でもあるコラーゲンの糖化を抑えるプテロカルプスマルスピウム樹皮エキス

● 頭皮の酸化を抑えるビタミン

● 頭皮の嫌な臭いを分解するオオメガサソウ葉エキス

様々な頭皮の元気を促す成分が含まれています。

しっかりと泡だてて地肌を優しく洗う事で

頭皮を健康にする事ができますので、こちらのシャンプー方法は必ずマスターして下さい


 

そして髪弾む養毛剤にも頭皮の活力与えて、コラーゲンの生成を促す成分や
血流を高めるエキスなどもたくさん含まれています。

● プラセンタエキスで頭皮の老化を活性化

● マンダリンオレンジ果皮エキスで頭皮の血流アップ

● アカヤジオウ根エキスで男性型の脱毛に

● 抜け毛に対して女性ホルモン作用のダイズ種子エキス

 

こういった成分を地肌につけて、育毛マッサージする事で

さらに頭皮の血流がよくなり、髪にもとても良いのです。

 

更に詳しいご説明→男弾む

Amazonでもご購入できます。



 

参考記事

本当に効果のある育毛方法

血圧をさげるお薬で発毛!?ミノタブ の力

フィンペシアで髪が増えるの!?男性型の脱毛に効果的

 

 

 

スポンサーリンク

記事のURL をコピーする


 

Posted: 土曜日, 4月 20th, 2019@ 2:47 PM
Categories: 育毛.
Tags: , .
Subscribe to the comments feedif you like. You can leave a response, or trackback from your own site.

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)