スーパーPフォースを服用していても献血しても大丈夫なの!?

 

 

スーパーPフォースを服用すると成分が胃や小腸で吸収され

血液に溶けて肝臓を通り全身に作用するのですが

どれくらい効果があるのかを、血液で調べる事ができます。

その指標を毛中濃度と言います。

 

血中濃度とは、血液中にくすりの有効成分がどの程度含まれているかを表しています。
血中濃度がある一定量に達して、初めて効果が表れます。 一方で、血中濃度が上がりすぎると、副作用を生じることがあります。

 

スーパーPフォースなどのバイア系のお薬を服用しても

14時間ほどで血液の中から成分は消えます

※ 参照バイアグラ錠

 

ですからスーパーPフォースを服用しても

1日も期間をあければ献血しても大丈夫なのでは?

と思われる方も多いのですが

 

本当の所はどうなのでしょうか?赤十字社のサイトで

確認すると・・

服用後3日間あけてから献血しなければいけないお薬向精神薬(抗不安薬・マイナートランキライザーを除く)
抗菌薬(抗生物質、合成抗菌薬)・抗真菌薬・抗結核薬
抗ウイルス薬
止痢薬
非ステロイド系抗炎症薬・風邪薬
痛風発作治療薬(コルヒチン)
喘息治療薬
事後に服用する緊急ピル(中用量ピルを含む)

赤十字社

バイアグラやスーパーPフォースのお薬については

書かれていませんでしたので

赤十字社に電話して確認すると

服用してから3日間は献血できないとの事でした。

 

またスーパーPフォースは
ダポキセチンという神経伝達物質セロトニンの再取り込みを防いで、濃度を上昇させる働きをする
精神神経薬も含まれており、この成分のおかげで、早漏を予防できるのです。

 

スーパーPフォースを服用して3日間は献血できません。

 

スーパーPフォースを購入するならこちらから

 

詳しいスーパーPフォースのお話

 

水なしで服用できるスーパーPフォースが凄い勃起する

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

記事のURL をコピーする


 

Posted: 金曜日, 12月 7th, 2018@ 12:53 AM
Categories: スーパーPフォース, バイアグラジェネリック.
Tags: , , .
Subscribe to the comments feedif you like. You can leave a response, or trackback from your own site.

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)